VOODOO-MURDERSと正危軍が禁断の合体!全日本プロレスのリングで女子レスラーたちが大暴れ!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 25日、後楽園ホールにて全日本プロレス『#ajpw Xman MANIAx』が開催。セミファイナルでは石川修司&優宇&橋本千紘のチーム333kgと尾崎魔弓&諏訪魔&雪妃魔矢による魔のトリオがミックスドマッチを行った。

 現在の全日本プロレスでは、TARUや諏訪魔を中心としたVOODOO-MURDERSが復活してリング内外を荒らし回っている。
 そして、VOODOO復活を知った尾崎魔弓は「せっかくだから何か一緒にやんない?」と、尾崎魔弓&雪妃魔矢&諏訪魔と全員名前に“魔”が入ったトリオ結成を持ちかけ、VOODOOと正危軍が禁断の合体。石川修司を地獄に落とすことを宣言した。


 これを受けた石川は、助っ人として“チーム200kg”橋本千紘&優宇を招聘。現在133kgであるという石川が加わった“チーム333kg”としてVOODOO&正危軍を迎え撃つことに。

 試合が始まると橋本が諏訪魔を片足タックルで倒し、体格差があるにも関わらずテイクダウンされた諏訪魔は動揺しながら距離をとる。力比べでも一切引かない橋本は諏訪魔をまさかの俵投げ。これを見た雪妃と尾崎は「しっかりしろバカ!」と諏訪魔に罵声を浴びせていく。


 代わって出てきた優宇を、尾崎がチェーンで、雪妃がムチで攻め立てる。カットにきた石川を諏訪魔と尾崎がチェーンで絞首刑にする無法状態に。
 だが優宇が諏訪魔にラリアットから橋本がジャーマンで投げ捨て、ぐったりとする諏訪魔に優宇が強烈なキャノンボールを発射。さらにチーム200kgでの合体ダイビングボディプレスから石川がダイビングフットスタンプを投下しフォール。
 これは尾崎がカットすると、ラストライドを狙った石川の顔面にレッドミストを噴射する。さらに優宇と橋本にもレッドミストを噴射し、諏訪魔がバックドロップで石川を叩きつけ3カウントを奪った。

 試合後に尾崎は諏訪魔にタッグ継続を要求。諏訪魔も「姐さん、お嬢、つえーな!そして、姉さん、30日タイトルマッチあんでしょ?姉さんが時代を新たに作り上げる。そして、チーム333kg、地獄へ落ちろ~!」と叫び、12月30日OZアカデミー後楽園ホール大会のメインイベントで、AKINOの持つOZアカデミー認定無差別級王座に挑戦する尾崎のセコンドにつくことを約束した。

 バックステージに戻った石川は、チーム333kgに手応えを感じた様子。橋本も「おい諏訪魔、お前ちょっと私のことをナメてただろう?次に当たる時はナメんじゃねぇよ。諏訪魔のこと、いただきます!」と意気込み、優宇も「あいつに思い切りイスを投げられて、いまあいつへの怒りが爆発してるから。この熱が冷めないうちにもう一回やらせてくれよ、諏訪魔。ボコボコにして最後、ラストライドでバーンと沈めてやるから」と再戦を熱望。

 対する諏訪魔も「すごい!姐さんのパワー、ハンパじゃないよ!お嬢もすごいね~。張り手とか、やっぱり厳しいね!」と満面の笑みで正危軍の活躍に大喜び。尾崎も「また3人でやりたいよね。おもしろい。(チームの)名前を考えないと!」と“魔トリオ”の本格始動に強い意欲を見せた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る