上野勇希が竹田“シャイニングボール”光珠を制しUNIVERSAL王座V2! フェロモンズが高木軍を破り飯野の“1日社長”就任が決定

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが10月23日、東京・後楽園ホールで『God Bless DDT 2022』を開催。DDT UNIVERSAL王者・上野勇希がDNA時代にタッグを組んでいた竹田“シャイニングボール”光珠を制して、2度目の防衛に成功した。

 竹田が飛びつきDDT、雪崩式ブレーンバスター、雪崩式パワーボムで攻め立てれば、上野はキリモミ式プランチャ、ハーフネルソン・スープレックスで応戦し一進一退の攻防に。10分過ぎ、竹田のセコンドの飯野“セクシー”雄貴と男色“ダンディ”ディーノがリングインし、上野は飯野と竹田の尻攻めに逢う。なんとか持ち直した上野がノータッチのトペコン・ヒーロを竹田にぶちかますと、上野のセコンド陣がフェロモンズの面々を連れ去って、正真正銘の1対1に。激しいエルボー合戦、ラリアット相打ちから竹田がスピアを決めるも、しのいだ上野はシャイニング・ウイザード、後頭部へのドロップキック、WRとたたみかけ3カウントを奪った。

 上野は「竹田さん、プロレス始めて、ずっと一緒に組んで、数年前からライバルでいてくれて。DNAの北千住シアター1010から後楽園でタイトルマッチができて、勝つことができてうれしいです。またすぐにでもリベンジしに来てください。ありがとう」とかつてのパートナーに礼を述べると、竹田は握手に応じた。

 バックステージで上野は「フェロモンズは下品で試合したくないけど、嫉妬(しっと)してる部分もあって。シャイニングボール、フェロモンズのエキスを吸って、本来の変態性と絡み合って、最高でした」と笑み。さらに、「D王が始まります。僕は体も小さい、でもUNIVERSALチャンピオン、去年準優勝。僕が一番DDT背負いたいと思ってる。勝てるかどうかじゃなく、勝たないといけない。優勝して、無差別も獲って、DDTをもっと楽しくしてやります」と話した。

 また、この日のダークマッチで『フェロモンズvs高木軍完全決着戦FINAL~解散魂斗羅1日社長!2vs5ハンディキャップマッチ』として、飯野、ディーノ with 今成“ファンタスティック”夢人VS高木三四郎、大鷲透、大石真翔、アントーニオ本多、彰人の一戦が行われた。

 高木軍は奇襲をかけ、ディーノに5人がかりのトレイン攻撃。今成が介入するも、それでも3VS5でフェロモンズが劣勢。高木がディーノに投げ捨てひまわりボムを見舞い、イスを手にすると、「トドメを刺すのは俺じゃない」と、フェロモンズに散々いたぶられてきた今林久弥GMを呼び込みイスを手渡した。すると今林GMは高木をイスで殴打、ディーノがすかさず丸め込んでフェロモンズが逆転勝利を奪った。

 今林GMは「高木さんを裏切ったとか、フェロモンズに加入するとかじゃないんです。2VS5という試合形式がおかしいと思ってたんです。あなたはCyberFightの社長、DDTのトップです。いつまでもフェロモンズにかまってないで、副社長に任せとけばいいんです。来年から社長業に専念してください」と諭した。高木は「分かりました。DDT、 CyberFightの経営に全力を尽くします。もうフェロモンズは追い求めません。飯野の1日社長付き合ってやる。俺と今林さんの意思を受け継いで任命する。彰人副社長!」と、彰人にフェロモンズ討伐を託した。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る