坂崎ユカが中島翔子を破り、プリプリ王座を奪還!来年3・18に有明コロシアムへ初進出!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 東京女子プロレスが10月9日、TOKYO DOME CITY HALL(以下、TDCホール)でビッグショー『WRESTLE PRINCESS Ⅲ』を開催。メインイベントでは挑戦者の坂崎ユカが王者・中島翔子を破り、1年9ヵ月ぶりに王座奪還を果たした。

 両者による王座戦は6月12日、さいたまスーパーアリーナでの『Cyber Fight Festival 2022』以来、4ヵ月ぶりとなった。序盤はグラウンドでのレスリングの攻防でしのぎを削り、中島がトペ・コンヒーロ、ライダーキック、無人在来線固めで攻め立てれば、坂崎は変型デスロック、走り込んでのラリアット、アンクルホールド、619で反撃。中島がトペを敢行すると、それをキャッチした坂崎は場外でTeaTimeを見舞った。中島がロコモーション式ノーザンライト・スープレックスを繰り出せば、坂崎は雪崩式マジカルメリーゴーランドで逆襲。その後、壮絶なエルボー合戦を展開するなど一進一退の攻防が続いた。20分過ぎ、中島が必殺のダイビング・セントーンを出すも自爆。坂崎はトップロープから魔法少女スプラッシュを見舞うも、中島はフランケンシュタイナー、投げ捨てノーザンで返し、一歩も引かず。坂崎はローリングエルボーから、マジカルメリーゴーランド、そして魔法少女にわとり野郎を繰り出して3カウントを奪取。22分超えの熱闘を坂崎が制した。

 坂崎は「中島翔子に勝ちました! こんなに上までいっぱいで、うれしかった。東京女子を好きになって追いかけてくれるみんなが支えてくえるから、大きい会場でも試合ができて、どんどんスキルアップして。団体も充実していって、新しい仲間も、海外からの友だちも増えて。幸せだなって思います。これから大きい大会とか、みんなと会える機会も増えると思うので、温かい目で応援してください」と歓喜のマイク。

ここで来年1月4日、東京・後楽園ホールで8年連続の『イッテンヨン』の開催、同年3月18日に東京・有明コロシアムに初進出し、ビッグショー『GRAND PRINCESS』を開催することがアナウンスされた。同所でのプロレス興行は6年半ぶりとなる。その後、全選手がステージに集結して、観客に頭を下げ、ビッグショーは幕を閉じた。

 バックステージで坂崎は「みんなが楽しいと思ってもらえたら私たちもうれしいです。東京女子もすごい大所帯になって、大家族になってます。ビッグマッチの度に中島翔子と。今思えば、DDTの両国(2019年11月3日)で組んでもらったのが最初の一番大きなタイトルマッチかな思うんですけど。いつだって私が何かと戦ってるとき、そばにいるのは中島翔子で。東京女子のプライドだったり、見てろよって気持ちは中島翔子との試合を超えてステップアップしていったのかなと思います。2年前のTDCホールは完売にならなかったけど、今日は完売になったので、団体としての可能性、未来は見えた興行だったかなと思います」と感慨深くコメント。さらに、「(今後は)東京女子を見てれば元気になるって思えたらいい。楽しいことを追求したチャンピオンになりたい。(有明は)プレッシャーとともにワクワクが止まりません。(そこで防衛戦は?)もちろんしたい。何ヵ月防衛しなきゃいけないんだろう? 試練のチャンピオンになると思います」と笑みが絶えなかった。

 一方、王座から陥落した中島は「負けました。ときが経つにつれ、天井が見えるときがあるんですけど、坂崎ユカは天井の位置をさらに高いところにもっていってくれる人だなって思いました。私がすぐそこに見えていた天井は、今日坂崎ユカによってすごく雲の上までもっていかれちゃった。まだまだ上を目指す理由があるし、頑張る理由があるなって思いました」と唇を噛みながらも巻き返しを期していた。

 コロナ禍のなか、今大会のチケットはソールドアウトで1007人(主催者発表)の観衆を動員。有明コロシアムへの進出も決まり、同団体の勢いは止まることを知らないようだ。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る