竹下幸之介が地元の大阪・西成での10周年記念興行で2連勝!「11年目以降は本気で世界を取りに行きます」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが9月10日、大阪・西成区民センターで「ジャパンベーカリーマーケティング株式会社 presents 竹下幸之介デビュー10周年記念興行~西成ベイブルース~」を開催。竹下は生まれ故郷での記念興行で見事に2連勝を飾った。

 この日、ダブルヘッダーに臨んだ竹下は、まず第1試合で上野勇希との咲くやこの花高校の同級生タッグで出陣し、クリス・ブルックスとその英国でのパートナーのキッド・ライコスとのCCKと対戦。DDTでは初陣となったCCKは抜群のコンビネーションを見せたが、上野がBMEでライコスを仕留めた。

 そして竹下はメインイベントでダムネーションT.Aの“カリスマ”佐々木大輔と一騎打ち。佐々木の足への集中砲火で苦しんだ竹下だが、エプロンでジャーマンを決める荒技を見舞い、場外でのジャーマンを狙うも、急所蹴りで阻止された。佐々木は場外でのペディグリーからトペにいくも、これをキャッチした竹下は場外で垂直落下ブレーンバスターを一閃。佐々木はレフェリーの死角を突いたイス攻撃から、ジャーマン、ラリアット、ミスティカ式クロスフェースと攻め立てた。トップロープでの攻防で竹下がラリアットを繰り出し、ザーヒーを叩き込んだ。強烈なエルボーの打ち合いから、竹下はジャンピング・ニー、ジャーマンとたたみかけて3カウントを奪った。

 竹下がマイクで「僕のプロレスを磨いて成長させて進化させてくれたのは佐々木大輔です。ありがとうございます」と投げかけると、佐々木は「頭がクラクラするついでに言ってやる。10周年おめでとう。俺に勝てるのはたいしたもんだ。俺に勝てれば、世界でも通用する。また10年後に会おう!」と、この日ばかりは素直に応じた。

 バックステージで竹下は「僕の夢は世界一のプロレスラーになること。プロレス界に入って、最初の数年はプロレスってホントに難しいし大変だし、世界って遠いなと思ってたけど。まだまだつかめてないけど、手を伸ばしてもいい場所まで来たので、11年目以降は本気で世界を取りに行きます」とAEWでの“世界獲り”を誓った。

 佐々木は「竹下幸之介、随分立派になったな。今じゃ、この俺を倒すとは立派なものだ。アイツはAEWでトップを取るだろ。俺は確信してる。アイツがAEWでトップ取ったら、日本に戻ってくるのか? オマエがAEWのトップ取ったら、ダムネーションT.Aに入れ。オマエが帰ってこないんだったら、俺が米国に迎えに行ってやる。それが今日10周年のオマエの大会で戦ってやった俺との約束だ!」と話した。

 また、この日、大鷲透の返上により空位となったアイアンマンヘビーメタル級王座の決定時間差入場変則バトルロイヤルが行われ、大鷲が返り咲きに成功。試合後、竹下の母・恵子さんから勝利者賞の豚まんが贈られた。ところが背後から平田一喜が丸め込んで王座はあっさり移動。平田が豚まんを奪おうとすると、怒った恵子さんが平田にレインメーカーを叩き込んで3カウントを奪取。竹下の母がよもやの新王者になった。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

月別

ページ上部へ戻る