DOUKIにBOSJでのリベンジを果たしたエル・リンダマンがG-REX王座防衛!電撃参戦の元DRAGON GATE・石田凱士と査定試合へ?!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 24日、東京都・後楽園ホールにてGLEAT『G PROWRESTLING Ver.31』が開催され、エル・リンダマンがG-REX王座の5度目の防衛に成功した。

 GLEATは、2021年7月に田村潔司とNOAHの元親会社であるリデットエンターテインメントが本旗揚げした新団体。GLEATには令和のUWFを創ることを目的とする“LIDET UWF”と、純プロレスを追究する“G PROWRESTLING”の2部門が存在し、この日はG PROWRESTLINGが後楽園ホール大会を実施。

 G PROでは今年1月に独自のシングル王座であるG-REX王座を創設。10選手参加の初代王座決定トーナメントを制した#STRONGHEARTSのエル・リンダマンが王座を勝ち取った。
 リンダマンは選手としての能力の高さやマイクパフォーマンス、人懐っこいキャラクターなど様々な高い魅力を持つ選手であり、業界内でも注目されている選手。GLEATは新日本プロレスとも交流が深く、リンダマンは今年春に開催された新日本のジュニアの祭典『BEST OF THE SUPER Jr.』にも出場。惜しくも優勝は逃したものの、エル・デスペラードから白星を挙げるなど大きなインパクトを残した。

 リンダマンは、BOSJで敗れたDOUKIを強く意識し、7月にはGLEATのリングでタッグマッチにて対戦するもDOUKIが勝利。リンダマンは自らの持つG-REX王座の挑戦者にDOUKIを指名し、聖地・後楽園ホールでの決着戦を決定した。


 試合はリンダマンのドロップキックからのノータッチ・トペ・コンヒーロ、DOUKIもすぐにトペ・スイシーダでやり返すという疾走感のある立ち上がり。
 DOUKIは首攻めを中心に展開し、エプロンからの奈落式DDTから大一番でしか繰り出さないDOUKIボムも決めて攻勢をかけ、デイブレイク、イタリアンストレッチNO.32、ラリアット、土遁の術と大技で畳み掛けて必殺のスープレックス・デ・ラ・ルナを狙う。
 しかし、リンダマンは掟破りのスープレックス・デ・ラ・ルナで叩きつけ、ミサイルキック、雪崩式の飛びつき腕十字、ジャーマン・スープレックスと猛攻。DOUKIも意地のキックアウトを見せて変形土遁の術から再びイタリアンストレッチNO.32に捕らえるが、リンダマンはその怪力で持ち上げてパワーボム。DOUKIもホルヘ・リベラ・スペシャルでの起死回生を狙うが、リンダマンがぶっこ抜いてジャーマン・スープレックス・ホールドで叩きつけ、続けてタイガー・スープレックス・ホールドで3カウントを奪った。

 試合後、この日放送席での解説およびベルトプレゼンターを務めていた元DRAGON GATEの吉野正人からベルトを受け取ったリンダマンは「GLEAT最初の後楽園ホールのプレゼンターは小橋建太さん、こないだの後楽園は長州力さん。そして今回は吉野正人さん!……大変名前負け感ありますけども、俺は吉野正人さんに特別な思いがあるんで一番嬉しいですよ!」と軽快なジョークを交えたマイクで笑いを誘う。

 そして、「俺はDOUKIに偉そうに言える立場じゃないよ。GLEATはまだまだ誰にも偉そうに出来る立場じゃない。GLEATは、G-REXは、挑戦して挑戦して既存のプロレス界を変えていく。前回の後楽園と今回の後楽園、お客さんの数は同じくらい入ってます。でも観客制限の緩和によってまだ空いてる席があります。GLEATとして、G-REXチャンピオンとして恥ずかしいことです。僕たちはまだまだ新しい団体だから、小さい会場から1~3ヶ月に1回くらいの後楽園ホールですけども、僕たちは精一杯背伸びをして全力でこのGLEATのリングで闘っています!でもこの空席を見ると俺たちの頑張りなんてまだまだ。G-REXチャンピオンの力もまだまだ。GLEATの力もまだまだってことは、伸びしろがあるってことですよね?!大阪、横浜もありますけど、次回10・9後楽園ホールまで、GLEATはまだまだ走り続けます!」と団体を背負うチャンピオンとしての熱いマイクで大喝采を浴びた。


 リンダマンが大会を締めて退場しようとすると、突如会場が暗転。スクリーンにて元DRAGON GATEの石田凱士の電撃参戦が発表されるとともに石田がリングイン。石田は「俺は俺のやり方でGLEATさせてもらうからな。これからの石田凱士、楽しみにしとけ!」と10月9日の後楽園ホール大会からGLEAT参戦を表明した。

 これを受けたリンダマンは、「俺が気持ちよく帰ろうとしてるときに……石田凱士が出てきやがったな。あんな偉そうに入ってきたんだったら、10月9日、後楽園ホール、石田凱士がどんなもんか、エル・リンダマンに見せてもらうぞ」と査定試合を行うことを示唆。
 10月9日の後楽園ホール大会は“GLEATvs強敵”と銘打たれ、全ての試合がGLEAT所属選手vs他団体、フリー、海外の強敵の対抗戦の構図になるとのこと。挑戦を続けるGLEATの次のビッグマッチではどのようなサプライズがあるのかに期待したい。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る