前プリプリ王者・辰巳リカが「東京プリンセスカップ」1回戦でIP王者・乃蒼ヒカリに勝利!「テッペン獲ってチャンピオンにも返り咲くって決めました!」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 東京女子プロレスが7月23日、東京・新木場1stRINGで最強女王決定トーナメント「Ameba presents 第8回東京プリンセスカップ」(2日目)を開催。同トーナメント1回戦で前プリンセス・オブ・プリンセス王者の辰巳リカが、インターナショナル・プリンセス(以下、IP)王者の乃蒼ヒカリを退けて優勝を宣言した。

 序盤、乃蒼が場外戦に持ち込むも、リングに戻ってからは辰巳が足攻めで逆襲。乃蒼がドロップキック連発、コブラツイストなどで攻めると、辰巳はドラゴンスクリュー、足4の字固めで反撃。乃蒼がブルーレーサーを繰り出すと、辰巳はツイスト・オブ・フェイトからミサイルヒップを狙うもこれは回避された。乃蒼はブリザード・スープレックスホールド、トラースキック連発を見舞うも、辰巳は延髄斬り、ツイスト・オブ・フェイトからミサイルヒップを決めて3カウントを奪った。

 マイクを持った辰巳は「簡単に勝てる相手とは思ってなかったけど、ヒカリもベルトを持ってメチャクチャ強くなって、メチャクチャ投げられました! でも真剣勝負だし、ヒカリだって負けたくないだろうし、私もどうしても負けたくなかったから。それにほかの選手みんな、負けたくないんです。だからこの大事な大事な1勝をこの先もつなげて、積み重ねていって、まだ成し遂げたことのないテッペン、獲りにいこうと思っています! それに今、私に足りないもの、ベルトが圧倒的に足りていません! だからテッペン獲って、チャンピオンにも返り咲くって決めました!」と初優勝を果たした先にプリプリ王座奪還を図ることを宣言。

 バックステージで、辰巳は「(乃蒼は)何をしても跳ね返してくるし、本当にチャンピオンになってしぶとくなったなって感じました。本当に何とか勝てた1勝って感じですね。私は今年のイッテンヨン(1・4後楽園)にチャンピオンになって、“2021年は辰巳リカの年にするぞ!”って意気込んでイケイケだったんですけど。あっという間に墜落して。墜落直後はもう本当に虚無感でいっぱいでした。でもまだまだ“辰巳リカはこんなもんじゃないぞ”と。下半期もまだまだ辰巳リカ旋風を巻き起こすって決めたので、どうしてもこのトーナメント、強敵揃いにドンドンなっていくと思いますけど、全員ぶっ飛ばして初優勝したいと思っています。そして夏女になって、秋女にも、冬女にも、その先もずっと辰巳リカがみんなを引っ張っていきたいって思っています!」とコメント。

 2回戦は25日、新木場で“曲者”ハイパーミサヲとの対戦となるが、「パミも絶対負けたくないだろうし、並々ならぬ思いだろうし、思いきりぶつけ合って、私の踏み台になってもらいます。負けません」と力を込めた。

 IP王者ながら、1回戦敗退となってしまった乃蒼は「もちろん悔しいんですけど、やっぱり旗揚げメンバーという先輩の壁は高いなって痛感しました。正直このブロックを引いたときは、ヤバいところを引いちゃったなっていうのがあったんですけど。私はこのベルトと一緒ならもっと上にいけるんじゃないかなって思っていて。トーナメントということでベルトが懸かっていなかったからこそ、慎重にというか自分のすべてをがむしゃらに出せたのかなって思って。毎年トーナメントは初戦で敗退して、チャンピオンになって。こんな自分がベルトを持っていていいのかなって、ちょっと思うところもあるんですけど。今日、リカさんをギリギリまで追い込めたのは、自信につながるので。これからもっともっとベルトを守って、いつか私がこのベルトを懸けて、リカさんにもっともっと強くなったときリベンジしたいなって思いました」と涙を見せた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2023年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る