シン平成維震軍が結成!“維震軍の青柳”が新たに誕生!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 12日、神奈川県・横浜BUNTAIにて全日本プロレス『チャンピオン・カーニバル2024【優勝決定戦】』が開催。全日本のリングでシン平成維震軍が結成された。

 平成維震軍は1993年にその名を冠して生まれ、解散後も頻繁に復活していることから30年近く存続していると言えるユニット。現在は越中詩郎&AKIRA&真霜拳號の3人を中心に活動している。
 
 この日は『結成!シン平成維震軍!』と題された青柳優馬&越中詩郎&AKIRAvs芦野祥太郎&黒潮TOKYOジャパン&立花誠吾という“平成維震軍vsはぐれWRESTLE-1軍”と言える6人タッグマッチが実施。

 今年3月のドラディション後楽園ホール大会で平成維震軍と対戦した際の青柳は、「越中、見とけ!」などと徹底的に挑発しながらヒップアタックを放って見せるなど令和を生きる若者としての意地を見せていた。これが越中の心を動かしたか、“平成維震軍の青柳”が再び誕生することになった。


 この日の青柳は、越中の道着+必勝日の丸ハチマチを着用する維震軍スタイルで登場。しかし、試合開始そうそうに因縁ある黒潮との場外戦の中で道着を剥がされていつもの姿になってしまう。
 青柳は越中とのダブルヒップアタックを決めるなど躍動。終始維震軍が攻め込む展開となり、最後は越中のミサイルヒップ→AKIRAのムササビプレス→青柳のダイビング・エルボードロップという必殺技リレーで青柳が黒潮から勝利を収めた。

 試合を終えた青柳は、「最高だったねえ!シン平成維震軍!青柳!青柳違いだけど青柳としてシン平成維震軍を名乗らせてもらいますよ。この組み合わせが次いつあるか分からないですけど、青柳優馬が加わったときはシン平成維震軍ということで。次は、越中さんの45周年のアレもあるかも……あっ!これ言っちゃいけなかったかな?どうしよう!ちょっと口を滑らせてしまった!」と、8月24日に後楽園ホールで開催されることが決まった越中の45周年興行で何らかの動きがあることを匂わせた。

 なお、越中はノーコメント。
 2019年の40周年記念大会に真霜拳號が新メンバーとして加入した際には、越中は「もう直感で。勘で『こいつ!』って思いました。言葉はいらないと思うし、こいつも『行くぞ!』っつったら『はい!』って言ってくれたんで、もうそれだけ」と真霜への熱い思いを語り、その後も平成維震軍として出撃する際には必ずと言っていいほど真霜をそばに置く信頼ぶりを見せている。
 シン平成維震軍と平成維震軍の関係性は不明だが、今後の青柳の活躍にも注目していきたい。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る