“ヤング高木三四郎”がKO-D無差別級王者・上野勇希から金星ゲット!「俺が勝ち上がってアイツを必ず指名してやる」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスのシングル最強を決めるトーナメント『KING OF DDT~20th Anniversary』が5月5日、東京・後楽園ホールで開幕した。御年54歳の高木三四郎がKO-D無差別級王者・上野勇希から金星を挙げ、高らかに優勝を公言した。

 28歳の上野に対抗するにあたって、高木は試合当日まで若返りを図ることを口にしていたが、開始早々ラリアットをぶちかます。上野はプランチャで反撃。戦場が南側客席に移ると、高木が蹴飛ばして、上野が転落。上野が場外へのムーサルトアタックを敢行すると、高木は肋骨を傷めた模様。それでも高木はスピリコドライバーから、五十肩のため久しく封印していたシットダウンひまわりボムを決める。上野は顔面へのドロップキックを連発。WRを狙うも、阻止した高木は逆さ押さえ込みからスタナー。上野は顔へのヒザ蹴りからBMEにいこうとするも、回避した高木はスタナーを繰り出して電撃の3カウントを奪取した。

 高木は「昭和の意地だよ。上野に勝ったってことは俺がチャンピオンじゃないの? 俺が挑戦してもいいよな。俺が勝ち上がってアイツを必ず指名してやる。(5・11横浜での2回戦の佐々木大輔戦は?)勝つよ。去年、竹下(幸之介=KONOSUKE TAKESHITA)と約束したことがあるし、必ず勝ち上がる。俺がアイツ(上野)に勝ったんだから挑戦する資格はあるよね。タイミングとか重なればワンチャンいきたいと思う」とKO-D無差別級王座挑戦に色気を見せた。

 また、佐々木は飯野雄貴のパワーに苦しみながらも、セコンドのMJポーを巧みに介入させ、イス攻撃でペースを握らせず。最後はスタンドでのクロスオーバー・フェースロックで絞め上げて、飯野からタップを奪った。佐々木は「飯野、テメエがその肉体で何をしてこようと、俺には通用しねぇ。次、上野は負けたのか? 今すぐベルトを返上しろ。この恥さらしが。高木三四郎、2回戦で俺に負けて新入社員からやり直せ。ちょっくら優勝してきます」と優勝を期した。

 一方、よもやの1回戦敗退となった上野は「おごりなのか、慢心なのか。僕はチャンピオンだから、プライドがあるから、今日の負けは悔しいね。僕に勝ったなら、絶対このベルト獲りに来ないと。逃げっ放しはダメよ。社長だろうが、休業しようが、帰ってこようが、誰よりも大人になってはいけないのが高木さんなんで。俺は高木さんのこと、チャンピオンとしてぶっ潰すから。絶対挑戦してきてよ」と悔しさを露わにした。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る