樋口和貞が納谷幸男とのメガトン対決制し、石川修司と2回戦で激突!「俺の高い壁。必ず5・11横浜でぶち破りたい」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスのシングル最強を決めるトーナメント『KING OF DDT~20th Anniversary』が5月5日、東京・後楽園ホールで開幕した。2022年覇者の樋口和貞が納谷幸男とのヘビー級対決を制して2回戦進出を決めた。

 DDTが誇るヘビー級戦士同士の対戦はまさにド迫力の攻防に。樋口がチョップを叩き込めば、納谷はミドルキックで応戦。樋口がラリアットを連発すれば、納谷はニーリフトでやり返す。納谷が世界一のバックドロップを繰り出せば、立ち上がった樋口とラリアット相打ち。納谷がヒザ連打から世界一のバックドロップを狙うも、ブレーンクローで阻止した樋口がヘッドバット連打で納谷がダウン。なんとかカウント8で立ち上がるも、樋口の強烈なぶちかましを食って撃沈した。

 樋口は「納谷、強かったよ。DDTの100キロ超級として、まだまだ譲れない。気合じゃ負けねぇ。次、HARASHIMAさんと石川(修司)さんの試合見てた。勝ったのは石川修司。俺の高い壁。必ず、(5・11)横浜でぶち破りたい。そう思って試合します」と力を込めた。

 また、石川はHARASHIMAと一進一退の激しい攻防を見せたが、ジャイアントスラムで仕留めた。「今日は勝ったけど、明日強くなればいいやっていうHARASHIMAさん。俺が尊敬する人。また機会があると思うんで、どこかでやりたい。2回戦、樋口。モニターで見てたけど、正面からぶつかり合って。ああいうプロレスが面白いと思ってるんで。樋口と直球。三振するか、ホームランか。そんな試合して、俺が勝ってトーナメント優勝します」と優勝を期した。

 最強決定リーグ戦「D王 GRAND PRIX」との2大会連続制覇はならなかった納谷は「完全に負けました。でも俺はDDTの頂点狙ってるし、DDTのヘビー級は負けねぇんだっていうのをこれからもっとこの体で、ぶち当たっていかなきゃいけない。俺は樋口和貞を超えて、全員にそれを認めさせて、またDDTの頂点目指します。次やるときは絶対負けねぇ」と話した。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る