NOAHのエース格が新日本プロレスの舵を取る?!ジェイク・リーがWAR DOGSと結託して内藤哲也を襲撃!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 23日、東京都・後楽園ホールにて新日本プロレス『JR HAKATA CITY Presents Road to レスリングどんたく 2024』が開催。NOAHのジェイク・リーが乱入して内藤哲也を襲撃した。

 WAR DOGSの首魁たるデビッド・フィンレーは、NEW JAPAN CUPの試合を体調不良で欠場したため途中脱落。それを逆恨みしてL.I.Jに襲撃をかけたことで遺恨が勃発。
 内藤哲也は日本時間13日のシカゴ大会でジョン・モクスリーを相手にIWGP世界ヘビー級王座から陥落したが、フィンレーは引き続き内藤をターゲットにし「誰かがお前との一戦を望んでいる」と刺客を差し向けることを匂わせていた。

 今大会では、L.I.JとWAR DOGSがシングルマッチ5番勝負で対決。すべてがヘビーvsジュニアの構図となっており、普段とは違う光景が期待された。

 辻陽太vs外道の試合は、ゴングを待たずに奇襲した外道を辻がジーン・ブラスターで沈め、なんと5秒で決着。
 BUSHIvsゲイブ・キッドの試合は、BUSHIが試合開始直後から機動力で圧倒し南側客席からのダイビング・クロスボディを決めるなど躍動。しかし、ゲイブがゲイブ式龍魂ラリアットで逆転しラフファイトで圧倒。BUSHIの毒霧を受けても怯まずにレッグトラップ・パイルドライバーで突き刺して3カウント。
 鷹木信悟vsクラーク・コナーズの試合は、セコンドのヤングライオンを巻き込みながらリング内外での激しい肉弾戦での真っ向勝負が展開。後半戦では元気ハツラツな鷹木が猛攻をかけていき、コナーズの反撃を受けきった上でパンピングボンバーで叩き伏せて勝利をもぎ取った。

 セミファイナルでは、内藤哲也vsドリラ・モロニーの試合が実施。
 のらりくらりとペースを乱す内藤に対し、モロニーは猪突猛進なファイトを見せ場外戦で圧倒。内藤が得意の首攻めでコツコツと逆転していきジャベでガッチリ捕らえて試合は終わったかに思われた。
 しかし、メインで高橋ヒロムと対戦するフィンレーがエプロンに上がってきて内藤を挑発。内藤が警戒態勢に入ると、さらにNOAHのジェイク・リーがリングに飛び込んできて内藤とエルボー合戦を展開。ジェイクがニーリフトからFBSを叩き込み、モロニーがダメ押しのドリラ・キラで突き刺して3カウント。内藤が衝撃の敗北を喫した。

 フィンレーとジェイクが内藤に暴行を加えていると、たまらず高橋ヒロムが飛び込んできて救出を試みる。しかし、ジェイクは内藤を場外に連れ出し、鉄柵に突き刺すFBSを叩き込んで内藤を完全にKO。そのままジェイクは不敵な笑みを浮かべながら退場していった。

 ヒロムvsフィンレーの試合は乱闘となる中でゴングが鳴らされてスタート。
 ヒロムはコーナーデスバレーからTIME BOMBを狙う速攻をかけるが、フィンレーは場外戦で圧倒しアイリッシュカースを軸とした背骨攻めを展開。ヒロムはTIME BOMB 1.5や掟破りのINTO OBLIVIONを決めるなどの見せ場を作っていくが、耐え抜いたフィンレーがオーバーキルを見舞って勝利した。

 バックステージでは、フィンレーがジェイクを呼び込み「この大きな男を見ろ!コイツは何週間にも渡って、俺にナイトーとの対戦を懇願してきた。だから今夜俺はそれを受け入れた。ナイトー、誰かがお前の頭を狙っていると話していたが、それはジェイク・リーだ。外道、すまないがお前は広島のイリミネーションマッチから外す。ジェイク・リー、お前が入れ。広島で会おう」とL.I.Jとの対抗戦にジェイクを投入することを宣言。
 これを受けたジェイクは「皆様、はじめまして。ジェイク・リーだ。内藤哲也をぶっ倒しに来た男だ。いつでもやってやるぞ」と紳士的に挨拶。NOAHのエース格が新日本マットの舵を取らんと本格参入を宣言した。

 ジェイクはWAR DOGSと共闘関係にあるものの、自身がNOAHで率いるユニット【GLG】のTシャツを着用しておりWAR DOGS入りを果たしたわけでは無い様子。
 ジェイクは全日本プロレスで三冠ヘビー級王座を、NOAHでGHCヘビー級王座を戴冠した過去があり、新日本に本格参戦してIWGP世界ヘビー級王座を戴冠することがあればグランドスラムを達成可能。

 5月6日には数多の団体が協力して開催する『ALL TOGETHER ~日本プロレスリング連盟発足記念・能登半島復興支援チャリティ大会~』が控えていることもあり、団体間の交流が活発化することで生まれていく新しい風景に期待が高まる。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る