3大タイトル戦のトリプル前哨戦で上野勇希がHARASHIMAを絞殺! 「不動のエースに勝って、KING OF DDTにもっと真っすぐ行く」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが3月6日、東京・新宿FACEで『Judgement2024 TOUR in SHINJUKU』を開催した。17日の東京・後楽園ホールで行われる3大シングルタイトル戦のトリプル前哨戦で、上野勇希がHARASHIMAを絞殺し弾みをつけた。

 3大シングルタイトル戦とは、KO-D無差別級選手権(王者=上野vs挑戦者=HARASHIMA)、DDT UNIVERSAL選手権(王者=MAOvs挑戦者=正田壮史)、DDT EXTREME選手権(王者=勝俣瞬馬vs挑戦者=岡谷英樹)で、この日は王者組と挑戦者組に分かれて6人タッグマッチで激突した。

 MAOと正田は激しい打撃戦を展開し、勝俣と岡谷は本番さながらで頭に竹串を刺し合う。HARASHIMAが上野にミドルキック連打、ファルコンアローでダメージを与え、スワン式ボディプレス、ハイキック、リバース・フランケンシュタイナー、串刺し式蒼魔刀と怒涛の攻め。しかし、走り込んだところをキャッチした上野がブラックアウトスリーパー(変型胴絞めスリーパー)で絞め上げると、危険とみなしたレフェリーが試合を止めた。

 前哨戦でHARASHIMAを直接制した上野は「HARASHIMAさんとタイトルマッチが決まっていっぱい考えました。僕たちDDTはHARASHIMAさんの変わらないすごさとか、明るさに全員甘えていたんです。僕たちはチャンピオンになって、DDTを180°変えようなんてつもりはまったくない。でも、甘えて変わらないままでいいとも思わない。僕たちがチャンピオンとして、DDTをもっと面白くしていきますから」と締めのマイク。

 バックステージに戻った上野は「タップしなかろうがレフェリーが止めることもある。HARASHIMAさんがギブアップしないこととか、落ち込まないこととか、暗くならないこととか全部わかる。それがHARASHIMAさんのすごいところ。DDTの不動のエースであるということ。それに甘えてたんです。勝てると思うなら意地でも勝たないといけない。悔しい思いをさせてでも勝たないといけない。HARASHIMAさんの奥底を見ないといけない。僕の奥底を見てもらわないといけない。ホンモノのKING OF DDTになるためには、心と心をぶつけようよ。今日の勝ちはHARASHIMAさんを一つ乗り越えられた。17日、勝つよ! DDT不動のエースに勝って、僕はKING OF DDTにもっと真っすぐ行くから」と必勝宣言。

 前哨戦で手痛い敗退を喫したHARASHIMAは「最後の部分は、これから返そうと思ってて。レフェリーが止めたので、そこに文句はないですけど、ギブアップはしてないんで。上野にああいう武器があると知れたので、本番でそうはいかないぞと。気合、改めて入って、ギアをもう1個上げて、3月17日に向かっていきたいと思います」と仕切り直しを期した。

 MAOは「ブライアン・キース、町田光とバチボコやってたら、ちょっとやそっとじゃ満足できなくなっちゃった。正田が俺のここ(心)に来るものがない。サシで当たったらもう容赦しない。自分がどうなってるかもわからない。つまらなさすぎて押し切っちゃうかもしれない。あとは本番、そこでどんなものが来るか、楽しみにするしかない。今は何もなかった」と余裕の表情。

 勝俣は「岡谷英樹君、いっぱい前哨戦やってきたので、伝えました。あとはどう僕に向かってくるか。デスマッチ、ハードコアでは僕のほうが経験値で上。その経験値を上回る覚悟で来れるのか。岡谷は僕が休んでる8ヵ月で相当強くなってます。だから今のあなたに勝ちたい。今の岡谷英樹をすべてぶつけてこい。俺も後がないんで、負けるつもりもない」とキッパリ言い切った。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る