3・17後楽園での勝俣vs岡谷のEXTREME王座戦は「痛みを呼ぶジャングルデスマッチ」 勝俣「今の岡谷英樹に勝ってEXTREMEのベルトを腰に巻きたい」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが3月6日、東京・新宿FACEで『Judgement2024 TOUR in SHINJUKU』を開催した。17日の東京・後楽園ホールで行われるDDT EXTREME選手権(王者=勝俣瞬馬vs挑戦者=岡谷英樹)のルールが「痛みを呼ぶジャングルデスマッチ」に決定した。

 今大会の開始前に公開調印式が実施され、勝俣が王者の権利で試合形式を指定した。これはデスマッチアイテムの使用が認められ、4つのコーナーが“刺さる”コーナーとなり、リングが“痛みを呼ぶジャングル化”されるもので、ロープエスケープ、場外カウントはなし。

 両者は昨年5月21日、後楽園で同じ立場で同王座をかけて「刺さるデスマッチ」で激突。勝俣は試合途中に右足首を骨折し、かろうじて丸め込んで勝利したものの納得のいく試合内容ではなかった。同王座を返上し、8ヵ月欠場した勝俣はベルトを奪還し、10ヵ月ぶりに因縁の岡谷との再戦にこぎ着けた。

 岡谷は「今回も想像のつかないようなルールで、楽しみですね。どういうルールでどうなっちゃうのかすごく楽しみですし、前回のベルトのときから約1年くらい。あんときの悔しさは忘れてないし、忘れたくもないし、そのまま今回全部ぶつけて。3・17後楽園、血まみれた熱い戦いにするんで楽しみにしとけ」とコメント。

 勝俣は「約1年前、あのときからやっと僕はここまで来ましたし、岡谷さんは僕が休んでた間にホントに成長したと思うし、強くなったと思うし、いろんな思いを背負って戦ってるんだなと感じてるので。岡谷さんと痛みを呼び合いながら、血を流しながら、僕たちのエクストリームやって、僕は今の岡谷英樹に勝って、自信をもって、このEXTREMEのベルトを、腰に巻きたいと思います」と意気込んだ。

 この試合形式について、勝俣は「僕がイメージしてるものは、僕たちと言えば、あの日の“刺さるデスマッチ”ですから。続きというか、あの日僕が勝ちましたけど、まだまだやりたかったし、ケガがなかったらもっともっとできたと思ってるんで。あの日に見た景色のような、よりプラス、ジャングル化されたリング上が見れると思います」と話した。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る