全日・本田竜輝&安齊勇馬がバーニング軍を粉砕し、KO-Dタッグ王座獲り宣言! 「ベルトを一発で獲って、その価値を高めてやる!」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが3月6日、東京・新宿FACEで『Judgement2024 TOUR in SHINJUKU』を開催した。17日の東京・後楽園ホールでKO-Dタッグ王座(王者は遠藤哲哉&飯野雄貴)に挑む全日本プロレスのニュー・ピリオド(本田竜輝、安齊勇馬)が前哨戦を制し、ベルト獲りを宣言した。

 この日、ニュー・ピリオドは井上凌とのトリオで出陣し、遠藤、飯野、松永智充組と最初で最後の前哨戦を戦った。DDTと全日本の全面対抗戦とあって、試合は緊迫感あふれる激しい攻防に。安齊が遠藤に投げ捨てドラゴンを見舞えば、遠藤はハンドスプリング式スクリューキックで返す。飯野が本田に串刺し式ボディアタックを繰り出せば、本田は串刺し式ラリアットで反撃。そして、飯野のチョップ、本田のエルボーの応酬から、ラリアット相打ち。松永が本田にバックドロップもカウントは2。ニュー・ピリオドが本田に合体技を決めると、本田がラリアットからファイナルベントを松永に叩き込んで勝利を奪った。

 マイクを持った本田は「前哨戦は全日本プロレスの完全勝利だ! 3月17日、後楽園でも結果は同じだ。俺たちがKO-Dタッグのベルトを一発で獲って、その価値を高めてやる!」と豪語。

 バックステージに戻っても、ニュー・ピリオドの舌鋒は鋭い。本田が「後楽園も結果は同じ。KO-Dのベルトは俺たちが、さらに上の価値にしてやる」と言えば、安齊は「前回言ってたよな。DDTの奥深さはこんなもんじゃないって。もっともっと深いところを味わわせてください。俺たちの明るく楽しく激しいプロレスもこんなもんじゃないです。3月17日、必ず俺たちが勝ってベルトを巻きます」と言い放った。

 一方、遠藤は「前哨戦を落とすって、俺のなかではデカい。でも、このベルト、KO-D、KING OF DDT。DDTのタッグのトップの証。防衛するのは俺たちバーニングだ!」と王座死守を誓った。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る