【会見全文】ベストボディ・ジャパンプロレスが全国展開を宣言!第一弾として名古屋支部の木村昌嗣理事が4・20に地元凱旋大会を開催へ!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 4月20日にベストボディ・ジャパンプロレスリングが初の名古屋大会を行うことを発表した。

 ベストボディ・ジャパンプロレスリング(BBJ)とは、『トレーニングの文化、身体づくりの文化をもっと日本中に広めたい』という思いから発足し、47都道府県全てで開催するまでに成長した『ベストボディ・ジャパンコンテスト』を起点とし、元DDTプロレスの谷口智一ベストボディ・ジャパン協会代表が「プロレス界でも健康美や肉体美を活かして活躍する選手がベストボディ・ジャパンから出てきてもいいんじゃないか」という想いを持って2018年8月に旗揚げしたプロレス団体。
 日々ボディメイクに取り組む人材を積極的にプロレス界に勧誘し、2020年には当時58歳の生え抜き選手である吉田和彦(現:ラグジュアリー吉田)が誕生。60代になっても最前線で闘い続けるゴージャス松野とタッグ王座を戴冠するなど幅広い選手層がリング上で活躍している。

 また、BBJには東海地方に名古屋支部が存在。一般社団法人ベストボディ・ジャパン協会理事も務めるBBJ所属選手の木村昌嗣が音頭を取って運営している。
 木村は2022年に50歳にしてプロレスラーデビュー。愛知県と静岡県でスポーツジムを経営しており、ベストボディ・ジャパンの公式レッスンやBBJ関連のエステ運営を任せられている重鎮。
 プロレスラーとしてはまだ若手ながら、新人発掘&育成の重要性を説いて積極的なスカウト活動を実施。名古屋の地元プロレスラーたちの指導を仰ぎながら1年間で3人の新人をデビューさせ、2人の練習生も抱えているという。

 木村はデビュー前から「自分がベルトを獲ったら絶対に地元凱旋大会を行う」という目標を掲げていたが、デビューから約1年半の時を経て今年1月大会でBBW世界スーパーボディ級王座を戴冠。ついにBBJで名古屋凱旋大会を開催するという悲願が叶うこととなった。

谷口智一CEO
「ベストボディ・ジャパンプロレス創設以来、初の名古屋での興行です。以前より木村理事から名古屋および東海エリア周辺で『ベストボディ・ジャパンプロレスを見たい』というお客様がたくさんいるというのは噂ベースで聞いていました。今まではスケジュールが合わず開催にまで至らなかったんですけど、4月20日、初めて開催することが出来ます。正式発表前からすでに観戦チケットの申し込みが殺到しておりまして、小規模な会場とはいえ発表前の段階で完売状態という大注目の大会になりそうです。初の名古屋大会、大いに盛り上げていきたいと思います。よろしくお願いします」


木村昌嗣理事
「この2024年4月20日に名古屋大会が初開催ということで。谷口会長を始め、色々な方に力を貸していただいて開催にまで結びつくことが出来て本当に感謝しております。ありがとうございます。元々ベストボディ・ジャパンプロレスは東京での大会がほとんどで、一度高知大会とかもやってますけど、ほぼ地方では開催できていませんでした。『なんとか地方でも開催してほしい』という声をたくさん選手やファンの方からお話を頂いていました。私は名古屋で活動させていただいている以上、まず名古屋で開催してから他の地方に進出していきたいと考えています。そのために僕がしっかりと基盤を作って、自分がプロレスラーとして力を出す。そして、名古屋でも試合をたくさん重ねてベストボディ・ジャパンプロレスというのを地方の方にも知っていただきたいと思って1年半活動してきました。そして選手も育てていかないといけないということで、色々な選手に声をかけさせていただき、結果的にここに並んでいる4人がプロレスラーとしてデビューを飾ることが出来ました。そして、この4月20日には同じ50代の磯秀司がエキシビションマッチを行わせていただくことになっています。それだけ名古屋支部も多くのプロレスラーを輩出することが出来たので、まず名古屋を第一弾として大きな勢力にしていきたいと思いますし、ベストボディ・ジャパンプロレスとして全国にもっともっと色んなところで大会をやっていきたいと思います。ですので、まずは名古屋を成功させて、大阪を始めとした関西、九州、北海道!全国にベストボディ・ジャパンプロレスを知っていただく基盤を作りたいと思っています。よろしくお願いします」

樋口靖洋
「4月20日、ベストボディ・ジャパンプロレスリング名古屋大会。初めての名古屋開催ということで、木村理事を始め、大竹選手、水沼選手、私、そして練習生2人。会場の清掃とか、座席のレイアウト等を着々と準備を進めています。本当に小さい会場なんですけど、その分熱気で盛り上がると思います。よろしくお願いします」

大竹仁美
「大竹です。よろしくお願いします!やっと、地元・名古屋で開催できることになって今からワクワクドキドキ楽しみです!普段は名古屋で活動していますが、普段の私の姿を見ている人もたくさんいるんですけど、『リングに立ったらいつもと違うじゃない!』ってところをたくさんの方にお見せしたいですし、やっぱり、女性の方にもっとこのベストボディ・ジャパンプロレス、『女性も頑張って活躍できる場なんだよ!』『楽しいからみんなやってね!』って気持ちで大暴れしていきたいと思います。よろしくお願いします!」

水沼太一
「ベストボディ・ジャパンプロレスリング、名古屋支部の水沼です!今回は木村理事等の力もありまして名古屋でベストボディ・ジャパンプロレスリングが開催されることにとても興奮しています。興奮してはち切れそうです!いつも新宿・東京でやらせていただいています。しかし、今回は名古屋!自分の生まれ育った愛する東海、愛する名古屋で試合が開催されます!是非楽しみにしていてください!」

――木村選手、いつ頃から名古屋大会を計画していたのでしょう
木村「僕がプロレスを始めるって決めたとき、50歳のときから『僕がベルトを獲ったら必ず必ずこの名古屋の地で開催する』という思いで、ずっと色んなプランを立てながら考えていました」

――全国で大会を開催していきたいという言葉もありましたが、これは全国のベストボディ・ジャパンコンテストの基盤を利用していくのか、それともプロレス団体として裸一貫で勝負をかけていくのかで言うとどちらでしょう
木村「もちろん、今ベストボディ・ジャパンコンテストは全国に選手が沢山いらっしゃるので、全国に沢山いらっしゃる選手たちが地元で活躍できる第二の場所としてプロレスというものがどんどん育っていけばいいかなと思います。もちろん、それだけではなく、また裸一貫という意味では新しい人材も開拓して、もっともっとベストボディ・ジャパンプロレスという組織を巨大なものにしていきたいという思いがあります」

――谷口会長、今の言葉を受けてBBJを大きくしていくビジョンについて聞かせてください
谷口「先程木村理事からのお話にもあったように、名古屋で成功させて、今年中に大阪でも1度開催予定なんですけども、その後九州や北海道など日本全国でやっていきたいですね。東京で定期的にやっているんですけど、私も地方出身ですし、日本全国各地にベストボディ・ジャパンプロレスの良さを広めていきたいと思っています」

 会見終了後、BBJの公式カメラマン&選手の榎本高志も愛知県出身であることが発覚。会見では一言も発することが無かった榎本も加えて名古屋勢5人で記念撮影を行った。


『ベストボディ・ジャパンプロレスリング 名古屋大会』
日程:2024年4月20日(土)
開始:16:00
会場:愛知県・スポルティーバアリーナ

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る