元WWE戦士たちが新日本プロレスで続々王座戴冠!棚橋弘至新社長を破ったマット・リドルがNJPW WORLD認定TV王座戴冠!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 23日、北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーるにて新日本プロレス『THE NEW BEGINNING in SAPPORO』が開催。元WWEのマット・リドルが棚橋弘至を破ってNJPW WORLD認定TV王座を戴冠した。

 棚橋は昨年12月に新日本プロレスの代表取締役社長に就任。
 アントニオ猪木氏、坂口征二氏、藤波辰爾に続く4人目の選手権社長となった棚橋は、今年1月4日の東京ドーム大会でザック・セイバーJr.からNJPW WORLD認定TV王座を奪取。
 翌5日に田口隆祐を破って初防衛に成功した棚橋だったが、直後にUFCやWWEで活躍したマット・リドルがスクリーンに現れて宣戦布告。「俺の照準は新日本のエース、タナハシサンに向いている。楽しみにしてるぜ、ブロ!」と挑戦表明を行った。


 ゴングが鳴ると、手4つから始まるじっくりとしたチェーンレスリングが展開。
 棚橋はリングを出たり入ったりしながらエアギターを奏でる挑発でリドルのペースを乱して行くが、リドルはひねりを加えたラ・ケブラーダを放つなど圧倒的な身体能力を活かして猛攻。
 劣勢の棚橋だったが、スリングブレイドで流れを変えてハイフライ・アタックを発射。しかし、リドルはこれを地対空ジャンピングニーで撃ち落とすという離れ業で迎撃。なんとか持ち直した棚橋が再びスリングブレイドを狙うが、カウンターのジャンピングニーを突き刺したリドルがブロストーン(※変形ツームストンパイルドライバー)で突き刺して3カウント。わずか8分35秒で棚橋を破る圧倒的強さでリドルが第3代王座戴冠を果たした。

 バックステージに戻ったリドルは、「最高の会社で闘うために、最高の会社の社長・タナハシサンとレッスルするために遂に日本へ上陸したぞ!」と新日本&棚橋をリスペクトしつつ王座戴冠を喜ぶ。
 しかし、一方では放送禁止用語を並べ立てながら因縁あるザック・セイバーJr.の悪口を言いまくり、次期挑戦者に指名しつつザックを呼びつける。

 今までのザックであればカッとなって売り言葉に買い言葉の喧嘩になっていた可能性が高いが、ザックはブライアン・ダニエルソンを倒して“世界一のテクニカルレスラー”の座を勝ち取った男。
 ザックはリドルの言葉を余裕を持って受け流し、「TMDKは挑戦を受けるが、ザック・セイバーJr.じゃない。俺が選ぶ仲間の誰かだ。乾杯だ、XXXX(※放送禁止用語)」とTMDKメンバーの誰かをリドルにぶつけることを宣言した。

 また、今大会のメインイベントでは、リドルと同じく元WWEのニック・ネメス(ドルフ・ジグラー)がデビッド・フィンレーを破ってIWGP GLOBALヘビー級王座を戴冠。
 今大会では新日本にやって来たばかりの元WWE戦士たちがあっさりとベルトを奪っていく光景が続いたが、新日本戦士たちが今後どう巻き返していくのかにも注目して見ていきたい。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る