急所・凶器・場内暗転・セコンド介入!汚い手を尽くしたSHOがエル・デスペラードに勝利し悲願のIWGPジュニア王座初戴冠!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 23日、北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーるにて新日本プロレス『THE NEW BEGINNING in SAPPORO』が開催。SHOがエル・デスペラードを制してIWGPがジュニアヘビー級王座初戴冠を果たした。

 今年の1・4東京ドーム大会で最大のライバルである高橋ヒロムを破ってIWGPジュニアヘビー級王座を戴冠したエル・デスペラード。戴冠直後のインタビュースペースで金丸義信&SHOの襲撃を受け、HOUSE OF TORTUREとの因縁防衛ロードがスタートした。
 金丸は打ち破ったデスペラードだったが、SHOは試合後に襲撃したり、マスクやベルトを強奪したりとやりたい放題。デスペラードは「予選会をやれ」「お前はタイトルマッチが出来る顔じゃあない」と門前払いしようとするが、度重なる挑発についにブチ切れて「SHOが負けたらSTRONG STYLE加入」という条件を突きつけてタイトルマッチを認めた。

 まずはSHOの入場曲が流れるが、中々入場してこない。すると、中からSHOをヘッドロックで捕らえつつIWGPジュニアのベルトを肩にかけたデスペラードが登場。デスペラードはSHOをいたぶりながらリングへ連行。ここでようやく試合開始のゴングが鳴る。
 いきなり劣勢になったSHOは、場外を逃げ回りながら本部席からベルトを奪ってデスペラードの顔面を殴打したりとなりふり構わぬファイトを展開。


 構わず猛攻をかけるデスペラードだったが、ヌメロ・ドスを決めた瞬間に会場が暗転。明かりが戻ると、リングに乱入していた金丸義信がデスペラードに暴行を加えている光景が広がる。
 この窮地に対し、田口隆祐が猛然と駆け込んできてヒップアタックで金丸を撃退。SHOは急所攻撃など手段を選ばず攻めていくが、デスペラードも持ち直してヌメロ・ドスやロコ・モノといった大技を決めて躍動。さらにトペ・コンヒーロを狙うが、SHOが顔面をイスでフルスイングして迎撃。
 デスペラードも場外での急所攻撃やイス攻撃でやり返すが、場内が暗転した際にリング下へ忍び込んでいたと思われる成田が突然現れてデスペラードをスリーパーホールドで拘束。その間にSHOがリングへ戻り、デスペラードが戻れぬまま場外カウント20が数えられてデスペラードの敗北が決定。
 SHOはCHAOS時代にはついぞ届かなかった至宝をいとも簡単に手にした。

 バックステージに戻ったSHOは、「ざまーみろや、オラ!これが今までのジュニアの雑魚どもと、この俺の格の違いや、オラ!余裕よ、こんなもん、オイ!オイ、デスペ!お前がやろうとした予選会はよ、明日、やってやるよ。この俺に挑むためにな。しかも、今年のドームをメインでやった2人が、俺に挑むために明日闘うんやぞ、この野郎、オラオラ!」と上機嫌で退場。

 怒りをふつふつと滾らせるデスペラードは、「テメェらは許さん」と一言だけ残して去っていった。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る