【インタビュー】「同じ相手に二度は負けられない、ぶっ倒す!」D王GRAND PRIX初優勝、1.28後楽園ホール大会でKO-D無差別級王座に挑む納谷幸男選手インタビュー!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 1月28日に開催されるDDT後楽園ホール大会『Sweet Dreams!2024』のメインイベントでは、上野勇希の持つKO-D無差別級王座にD王GP2023を優勝した納谷幸男が挑戦する。

 納谷は祖父が大鵬、父が貴闘力と相撲家系に生まれるが、"初代タイガーマスク”佐山サトルの指導を受け2017年にリアルジャパンプロレスでプロレスラーデビュー。しかし方向性の違いから2019年にDDTプロレスに移籍し、アイドルとのコラボプロレスやAnimeJapanでのアニメコラボマッチなど趣味と実益を兼ねて伸び伸びと試合を行っている。
 約2mある体格ながらなかなか結果に恵まれなかったが、DDTのトップを決めるD王GP2023を制覇しついに王座戦へと上り詰めた。
 今回王座戦を直前に控えた納谷に話を聞いた。

――まずはD王グランプリ2023優勝おめでとうございます!
「ありがとうございます!」

――いい涙を見せていただきました。振り返ってみていかがですか?
「今年は絶対優勝しようって強い決意で挑みました。去年は準優勝だったんで、絶対に」

――リーグ戦の中でターニングポイントになった試合はありましたか?
「全部厳しい戦いだったんですけど、やっぱり斎藤レイ戦、自分の中ではひとつターニングポイントでしたね。あそこで勝てたのは大きかったですね」

――大きい選手同士のぶつかり合い、観てるこちらも面白かったです。
「やっぱり、なかなか他団体の選手と試合することってないし、彼も全日本プロレスの選手ですごい期待を受けて出場してる、人気もある。お互い負けられないっていう状況で、どっちの意地が勝つんだっていう試合でしたね」

――内容よりも意地の張り合いだったと。
「はい、あれはもう意地でしたね。意地で勝ち切った、うん」

――あのサイズ感の選手って久しぶりではないですか?
「シングルで言ったら…火野さんぶりのデカイ選手でしたね。火野さんよりデカイですからね」

――優勝決定戦では会場だけでなく、配信でも納谷選手への応援コメントの量が凄かったんですよ。
「会場のお客さんの声は良く聞こえてて、後押しになりました。間違いなく力になりましたね。コメントもたくさんいただけたのはホントに嬉しいです」

――優勝決定戦の気迫、特に週プロの写真ではショルダースルーの表情がめちゃくちゃイイんです!(『週刊プロレス』NO.2282 ぜひご覧ください)
「あ、見てみます(照れ笑い)」

――以前は事あるごとに「自分はしょっぱい」とおっしゃっていましたが、現在の納谷選手はものすごく自信に溢れている感があります。
「いやでも理想っていうのは高くもたなきゃなって思ってます。自分の方向性っていう意味では理想像はあるんですけど、まだまだそこには達してないし。理想を高く持ってそれに近づけるようにって思ってますね」

――我々昭和のプロレスファンからすると決め技がバックドロップというのがまたイイんです!
「こだわりはありますね。やっぱり自分の好きなプロレスっていうのが昔ながらのプロレスのスタイルで。僕ら大型レスラーの特権だと思うんですよ。やっぱり飛んだりアクロバティックなことは出来ないんで、自分の道と言いますか、そこを突き詰めていこうと」

――とはいえスピード感のある選手とも渡り合っているようにも思えます。
「DDTは他の団体と違って無差別なので、どんな体格の選手とでも試合することがあります。やっぱり自分もその動きに付いて行けかないとっていうのはありますね。そこはだいぶ頑張ってます(笑)」

――身体を大きくしすぎると付いて行けなくなるとか、やはり注意されていますか。
「そうですね、もともと150kgあったんですけど、今は120kgないぐらいなんですよ」

――150kgからだとなかなかの絞り込みですね。
「一回105kgまで落としたんですけど、そこまで落とすとビックリするぐらい力が出なくて(笑)自分で試行錯誤して、落してから少しづつ上げてきて、今ぐらいがしっくりくる感じですね。115kg~120kgの間がベストかなと思ってます」

――今日もバッグはパンクドランカーズのものですが、ファッションも体格にマッチしたものをチョイスをされていてオシャレですよね。しかし気に入ったとしてもサイズが無くて断念、とかありませんか?
「いや、意外とXXLとか展開されてるんですよ。Tシャツもジャケットも意外と大きめに作られていたり。まあでもこの身体が入るブランドを探すのは大変です(笑)パンクドランカーズ以外にも、コアチョコ、ハオミン、ローリングクレイドルなんかはよく着ますね。あとはサプールとか」

――すごく良いセレクトだと思います!昨年はプロレス以外にも仮面ライダーガッチャード、映画ナックルガール出演など、非常に充実していた印象です。
「ガッチャードはデカイ人を使いたいっていうちょうどプロレスの回で(笑)確かに去年は芸能の仕事もいただけましたし、振り返ってみたら20代最後に充実したいい経験させてもらえたなって思います」

――もしまかり間違って僕が俳優だったら特撮ヒーローやりたいなって思います。
「でも俳優さんじゃなくてスーツアクターもカッコイイですよね。動く方をやるっていう。ナックルガールの方もたまたまおっきい人を探してるって会社からお話いただいて。オーディションっていってもまあ端役だろうなと思って行ったんですけど『あれ?これスゴイ役じゃないの!?』って。ビックリしましたよ」

――役の内容もあまり聞かずに行ってみたら・・・という。
「アクションの稽古も3か月ぐらい。2022年のD王期間中は稽古期間と被っててスゴイ大変でした。平日は朝から夜までずっとアクションの練習して、土日は試合っていうスケジュールで。遠征から帰ってきても月曜は朝7時ぐらいから稽古があるんで、ほとんど寝ずに行ってましたね」

――それはキビシイですね・・・
「稽古も5、6時間はするんです、アクションとか。でも一流の俳優さん達がいる中でこんな素人使ってもらうわけですから、置いて行かれたくないし『こいつ何なんだ?』って思われたくないしで、一生懸命喰らいついて行ってました」

――いくらプロレスのキャリアを積んでようがその場では若手も若手ですもんね。
「ほんと久しぶりの感覚でした。そこにいるのはトップの人たちばっかり、始めて稽古行った時は伊藤英明さんがいてビックリしました。主演の方の情報とかはいただいてたんですけど、共演者が誰って聞かされてなかったんで余計に(笑)」

――連日初めての環境で気が収まらないというか、どっと疲れたんではないですか?
「それが、身体はめちゃくちゃキツかったんですけど、気持ちの面では向上心というかものすごく充実してたんで、むしろ良い環境でしたね。ほんとにありがたかったです」

――さて、王者:上野選手への挑戦ですが、2022年のD王グランプリ優勝決定戦では惜しくも敗れ、リベンジ戦でもあります。
「いやもう、ひと言で言えば『同じ相手に二度は負けられない』ってことですね。ぶっ倒す!(強く噛み締める)」

――タイプが違いますし、上野選手は崩しにかかってくると思いますがシミュレーションとかされてますか?
「いや、もう僕は真っ向勝負で行きますよ(キッパリ)」

――では皆さまに決意の一言をお願いします!
「はい、絶対に勝つので、そして絶対にイイ試合をしますので、ぜひ会場に観に来てください!もう一回、絶対に勝ちます!!」


DDTプロレス『Sweet Dreams!2024』
日程:2024年1月28日(日)
開始:11:30
会場:東京・後楽園ホール
https://www.ticketpay.jp/booking/?event_id=48825

▼スペシャル10人タッグマッチ
高木三四郎/大鷲透(フリー)/彰人/川松真一朗/夢虹
vs
HARASHIMA/斗猛矢(フリー)/アントーニオ本多(フリー)/正田壮史/須見和馬

▼スペシャル6人タッグマッチ
遠藤哲哉/飯野雄貴/瑠希也
vs
佐々木大輔/KANON/ブライアン・キースwith MJポー

▼MAOバースデー記念試合~スペシャルタッグマッチ
MAO/TAKAみちのく(JTO)
vs
[SCHADENFREUDE International]クリス・ブルックス/高梨将弘

▼スペシャルシングルマッチ
KONOSUKE TAKESHITA
vs
土井成樹(フリー)

▼坂口征夫後楽園ファイナルマッチ~スペシャルシングルマッチ
坂口征夫
vs
岡谷英樹

▼KO-D6人タッグ選手権試合~DEAD OR ALIVEコントラDEAD OR ALIVE
【王者組/DEAD OR ALIVE】秋山準/男色ディーノ/大石真翔
vs
【挑戦者組/DEAD OR ALIVE】佐藤光留(パンクラスMISSION)/樋口和貞/川村亮(パンクラスイズム横浜)
※第53代王者組3度目の防衛戦。
※王者組が敗れた場合、チーム名「D・O・A(DEAD OR ALIVE)」は剥奪。

▼DDT EXTREME選手権試合
【王者】平田一喜
vs
【挑戦者】勝俣瞬馬
※第58代王者6度目の防衛戦。
※2カウントフォール以外は通常のプロレスルールを採用。2カウントフォール、ギブアップ、KO、TKO、リングアウトを一方の選手が奪った場合、小嶋斗偉選手が出来るか出来ないか絶妙な“小嶋チャレンジ”がスタート。チャレンジに小嶋選手が失敗した場合、そのフォール・ギブアップ等は無効になり再試合。成功した場合に正式な勝利となる。なお、小嶋選手にはどちらの選手が獲得したチャレンジかはわからないような工夫が施される。

▼KO-D無差別級選手権試合
【王者】上野勇希
vs
【挑戦者】納谷幸男
※第82代王者の初防衛戦。

■プロフィール
納谷幸男(なやゆきお)
1994年8月17日生まれ、東京都江東区出身。名横綱・大鵬の孫、元関脇・貴闘力の長男。2017年9月リアルジャパンプロレス後楽園大会でデビュー。2019年6月よりDDTプロレスに所属、2022年D王GRAND PRIXでは初出場ながら準優勝、2023年D王GRAND PRIXで悲願の初優勝。201cm、110kgの日本人離れした大型ファイター。
Twitter)@yukiotaihou

■聞き手
スレンダー川口(@slender_kg

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る