“グレート・ムタの娘”愚零闘咲夜がデビュー戦で毒霧噴射の狂乱ファイトも反則負け!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 2日、東京都・有明アリーナにてプロレスリングNOAH『ABEMA PRESENTS NOAH "THE NEW YEAR" 2024』が開催。グレート・ムタの娘である愚零闘咲夜(ぐれーと・さくや)がデビューを果たした。

 引退後のムタは魔界には帰らず人間界の山奥で隠居生活を送っていた。ある日、捨て子を拾ったムタは自身の娘として育てるようになり、幼少期からの毒霧英才教育を施していく。
 その甲斐あってか、赤子は短期間で成人女性サイズまですくすくと成長。娘はムタから毒霧の秘薬と忍者頭巾を授けられて“愚零闘咲夜”として覚醒した。

 ムタが最後に戦場としていたNOAHでは現在女子プロレスの試合も行われるようになっており、11月27日には野崎渚vs高瀬みゆきの試合が実施。WAVE退団後の復帰戦を勝利で飾った野崎に対し、高瀬とは“ルミナス”のパートナーである梅咲遥がリングに上って対戦を要求。
 そこへ、突然咲夜が乱入し梅咲へ毒霧を噴射。野崎へと共闘を持ちかけ、野崎もこれに乗ったことから因縁が勃発。咲夜のデビュー戦で両組が激突することが決まった。

 この日の第5試合では、愚零闘咲夜&野崎渚vs梅咲遥&高瀬みゆきのタッグマッチが実施。
 咲夜が忍者頭巾を取った素顔を晒すと場内は大きなどよめきに包まれ、ゴングが鳴ると咲夜はリング上を怪しいステップで徘徊。ルミナスの2人が野崎へ集中攻撃をかけると、咲夜が荒々しく救出しスペースローリングエルボー。野崎がドルミルやノアールランサー・ハイを決めて高瀬を弱らせ、終盤は咲夜と梅咲の一騎打ちに。
 咲夜はレフェリーを盾にするトリッキーな動きで隙を作り、野崎のアシストを受けつつ旋回式スタナー。さらに咲夜はイスを使っての攻撃を狙い、妨害に来た高瀬の顔面に紅い毒霧を噴射。大暴れの咲夜がレフェリーにもイス攻撃を見舞ったため、試合は咲夜の反則負けに。
 しかし、咲夜は構わずルミナスの2人をコーナー下に並べてムーンサルト・プレス。場内には勝利した梅咲の曲が流れるもルミナスの2人はぐったりと動けない様子。咲夜が試合に負けて勝負に勝った形となった。

 試合後、咲夜はノーコメントで会場を後に。
 また、この日はハッキリ明言はしないものの「グレート・●タの長女である」と主張するグレート朝子が全日本プロレスのリングに登場している。プロレス界をムタの異母姉妹たちが賑わせる日も近いのかもしれない。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る