DDT初降臨のグレート・ニタが狂乱勝利し、アジアタッグに挑戦表明!?ボディガーは「DOA」の名をかけ、KO-D6人タッグ王座にチャレンジへ

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが11月19日、エディオンアリーナ大阪第2競技場で「Get Alive 2023 in OSAKA」を開催した。大仁田厚の“化身”グレート・ニタが同団体に初降臨して狂乱の勝利を挙げ、小嶋斗偉の“化身”グレート・コジとアジアタッグ挑戦表明を示唆した。

 大阪・南港から陸に上がったニタは、初見参のコジ、HARASHIMAとトリオを結成し、秋山準&ボディガー&大石真翔と激突。開始早々、ニタは秋山に突っかかると両軍は激しい場外戦に発展。コジがボディガーに串刺し式チョップを連打すれば、ボディガーは串刺し式ラリアットで返す。ボディガーはラリアットでニタとコジをまとめて吹っ飛ばす。ボディガーがニタにチョークスラムを決めようとすると、ニタが毒霧噴射。大石がコジにスイングDDTからダイビング・ヘッドバット狙いも自爆。ニタとコジは大石にダブルで毒霧を吹く。さらにニタとコジは2人がかりで大石にカマ攻撃。ニタがイスで大石を殴打すると、ニタが往年のミスター・ポーゴさんさながらのチェーン絞首刑攻撃で大石がギブアップ。

 バックステージでコジは「ネクスト大阪、グレート・コジがカムバックするかはオマエら次第だ。オマエら、またグレート・コジが見たいか?」と言うと、「赤血亜」と赤字で書かれた紙を掲げ、ニタは「アジア!」と叫んだ。どうやら、ニタとコジはアジアタッグ王座挑戦を視野に入れた様子。同王座を巡っては、12・9大阪・アゼリア大正で王者組の坂口征夫&岡谷英樹に岡田佑介&高鹿佑也が挑戦するが、風雲急を告げてきたといえそうだ。

 また、入場曲に「DEAD OR ALIVE」を使用しているボディガーがKO-D6人タッグ王座に就いたD・O・A(秋山&男色ディーノ&大石)について言及。秋山が「コイツ(大石)ですよ。俺は『DEAD OR ALIVE』と言えば、ボディガーさんと、コイツに言ったんです」と言うと、ボディガーは「分かってて使ってるんだ。勝手に使われたら納得できへん。ホンモノの『DEAD OR ALIVE』をつくって、挑戦させてください。『DEAD OR ALIVE』を名乗っていいかどうか決めるタイトルマッチ。勝ったら使っていいですよ。でも俺たちが勝ったら、2度とそのチーム名は使わない。あと2人、大阪で根性ありそうなヤツを見つけて加入させる」と挑戦表明。ここで通天閣下が名乗りを挙げ、もう一人は「日時が決まったら、あと一人それまでに探してくる」(ボディガー)とし、秋山は「やろうぜ。『DEAD OR ALIVE』争奪」と受諾した。

 なお、メインイベント(上野勇希&クリス・ブルックス&樋口和貞vs遠藤哲哉&納谷幸男&平田一喜)は上野が平田をWRで破り、アイアンマンヘビーメタル級王座が上野に移動。すると、隙を見て、MAOが丸め込んで移動。さらにコジが丸め込んで移動した。コジはいつ出てくるか分からないだけに、長期政権になるか?

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る