MAOがルチャ戦士デムースに貫録勝ちでUNIVERSAL王座初V!「このベルトを巻くことで、いろんなプロレスが見れると思うと楽しみ」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが11月19日、エディオンアリーナ大阪第2競技場で「Get Alive 2023 in OSAKA」を開催した。11・12両国でDDT UNIVERSAL王座を奪還したMAOが元CMLLのルチャ戦士デムースを退け、初防衛に成功した。

 序盤から、デムースはダイビング・ボディアタック、弓矢固め、パワースラム、変型ストレッチと猛攻。MAOはドロップキックで場外に落とすと、宇宙人プランチャで反撃。デムースはバラゲサ(変型キン肉バスター)を繰り出すも、MAOは旋風脚。デムースが急所蹴りも、MAOは飛びつき式スタナーから丸め込むもカウントは2。MAOが掌底連打からみちのくドライバーⅡを繰り出すも、デムースはなんとか返す。ならばとMAOはキャノンボール450°を鮮やかに決めて3カウントを奪取した。

 MAOは「デムースさん、めちゃめちゃ面白かった。このキャリアで知らない世界があるなんて思わなかった。いろんな国に行きました。欧州、米国も西から東から回った。まだ、こうやって知らないプロレスに巡り合える。UNIVERSAL巻くことで、いろんなプロレスが見れると思うと楽しみ。MAOが見ることで、お客さんもいろんな世界を見ることができる。そんなベルトにしていきたい。誰かが名乗りを挙げたら、ノーとは言わないと思うけど、今のところ次の挑戦者は未定」と話した。そして「とりあえずD王に向き合う。行く先には上野勇希が持つ(KO-D)無差別に挑戦するという道も見えてくる。D王もUNIVERSAL王者として駆け抜けていきます」と続けた。

 デムースは佐々木大輔の通訳によると、「テメエがやってんのは東北のルチャだ。こっちは世界のルチャリブレをたしなんでるんだ。次の挑戦者は俺の嫁ヒロカだ。俺よりはるかに強いんだぞ」とウソぶいていた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る