KO-D無差別級王者クリス・ブルックスが上野勇希との前哨戦制し王座死守宣言!「DDTの大きな大会のメインイベントですごい戦いができる。でも両国で勝つのは僕だ」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが10月22日、東京・後楽園ホールで「God Bless DDT 2023」を開催した。KO-D無差別級王者クリス・ブルックスが11月12日の東京・両国国技館で挑戦を受ける上野勇希との初の前哨戦を制して、王座防衛を力強く宣言した。

 両者による王座戦は9・24後楽園で決まったが、クリスが古傷の右肩に違和感を覚え欠場。クリスが復帰すると、今度は上野がインフルエンザに罹患してしまい欠場。王座戦が決まってから1ヵ月が経ち、ようやく前哨戦が実現した。

 互いに対戦を熱望していた“相思相愛”の関係とあって、2人は序盤から激しくやり合った。クリスがチョップを放てば、上野はエルボーで応戦。上野がスワン式ミサイルキック、プランチャを繰り出せば、クリスはフットスタンプ、オクトパスストレッチで攻め込む。上野がトペ、MAOがラ・ケブラーダをクリス組に発射すると、上野がクリスにフロッグスプラッシュ。上野とMAOがMAD MAXを決める。MAOが旋風脚でHARASHIMAを排除し、リング上はクリスとMAOの1vs1に。上野のBMEを自爆させたクリスはドロップキック、パイルドライバー。これはMAOがカットするも、クリスはバズソーキック、ダイビング・ダブルニーからプレイングマンティスボムを決めて、上野から直接フォールを奪った。

 クリスは「やっぱりウエノは強い。僕の理想が見せられる。私たち、友だちでライバル。ずっとウエノ見てきた。私たちなら、DDTの大きな大会のメインイベント、すごい戦いできるよ。でも両国で勝つのは僕だ!」とマイク。上野は「俺はクリスのことを一番すごくて、一番バカで、強いだけじゃない。最強だと思ってるよ。すごい試合ができるとかどうでもよくて、オマエに勝ちたいから。両国、絶対勝つから」と一歩も引かず。

 また、DDTシングル最強決定リーグ戦「D王 GRAND PRIX 2023」(11・26後楽園~2024年1・3後楽園)の出場選手が決定。Aブロックが上野、遠藤哲哉、樋口和貞、佐々木大輔、HARASHIMA、飯野雄貴。Bブロックがクリス、MAO、納谷幸男、KANON、平田一喜、斉藤レイ(全日本プロレス)。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る