納谷幸男が急襲の斉藤ブラザーズに激怒!「11・12両国でぶっ殺してやる!」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが10月22日、東京・後楽園ホールで「God Bless DDT 2023」を開催した。納谷幸男が11月12日の東京・両国国技館大会で対戦する斉藤ジュン&斉藤レイの斉藤ブラザース(全日本プロレス)の襲撃を受け怒り心頭だ。

 両国大会で納谷は秋山準、HARASHIMAと組み、ブードゥ・マーダーズの斉藤ブラザーズ&歳三と激突する。この日、納谷は第3試合で高鹿佑也とシングル戦を行い、熱戦を繰り広げていたところ、納谷の背後から斉藤ブラザーズが乱入してやりたい放題。そこにHARASHIMAが入ってきて、一触即発状態に。

 マイクをつかんだレイは「納谷! オマエ、今まで斉藤ブラザーズに散々なめた態度取ってくれたな。11・12両国でぶっ潰してやる。そして、俺が参戦するD王でオマエを血祭りにしてやるよ。D王は俺一人で十分だ。楽しみにしとけ!」と宣戦布告。

 ケンカを売られた納谷はバックステージで「斉藤ブラザーズ、なめんじゃねぇぞ。今日来た意味分かってんのか? 次の両国、DDTとブードゥ・マーダーズで対抗戦だ。ぶっ殺してやる。D王、片方出るらしいな。覚えとけ。オマエがシングルじゃ何もできないってことを証明してやる」と吐き捨てた。

 レイは「納谷がなめた態度取ってたから、ぶっ潰してやったぜ。今日はほんの小手調べだ。11・12両国でアイツをきっちりぶっ倒してやる。D王、アイツを血祭りにして、全員ぶっ倒してやる」と言い放った。

 また、両国で一騎打ちを行う佐々木大輔と遠藤哲哉がタッグマッチ(佐々木&KANON&MJポーvs 遠藤&小嶋斗偉&瑠希也)で前哨対決。試合はKANONがスリーピー・ホロウで瑠希也を仕留めて勝利。佐々木は「哲哉、オマエはそんな人間じゃねぇだろ。いつまで死んでるんだ。これはダムネーションとかバーニングとか関係ない。11月の両国、俺とオマエの話だ。誰にもジャマはさせない」とマイク。遠藤は「佐々木大輔の言った通り。バーニング、ダムネーションT.A、関係ない。このシングルマッチは2人の物語だ。それ以外は何も混ぜたくない。純粋な2人の戦いだ」とコメント。

 なお、第4試合では秋山準、男色ディーノ、大石真翔の異色トリオが樋口和貞&彰人&岡田佑介に勝利。意気上がる大石はこのトリオの継続を宣言し、早速チーム名まで「Dead Or Alive(D・O・A)と命名。けげんそうな秋山とディーノを尻目に、大石は11・16新宿で開催される「KO-D6人タッグ王座決定トーナメント」へのエントリーを表明。4チームが参加する1DAYトーナメントは、1回戦で秋山組vsクリス・ブルックス&高梨将弘&アントーニオ本多、上野勇希&MAO&小嶋斗偉vs佐々木&KANON&MJポーが組まれた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る