ジャガー横田が新宿の路上で大暴れし新宿区長が感激!今年も『闘強商店会プロレス』が開幕!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 23日、東京都・末広通り商店会プロレス広場にて『闘強商店会プロレス~三都物語~』が開催された。

 『闘強商店会プロレス』とは、東京都の3つの商店会が協力して行っているプロレスを軸に街を活性化させることを目的とした商店街周遊イベント。
 それぞれの商店街を周ってスタンプを集めることで景品がもらえるスタンプラリー企画を基幹とし、各商店会がプロレスラーを集めてチームを結成して対抗戦を行っていくストーリー性のあるプロレス大会を開催。
 東久留米駅前商店会にあるラジオ局『TOKYO854くるめラ』内の番組『たまプロレス情報局』が管理するタッグベルト・たまプロタッグ王座を巡る男子&女子のミクスドタッグでの闘いが行われることになっている。

 このイベントの基となったのは、新宿三丁目の末広通り商店会(新宿区)が商店街活性イベントの一環として公道にリングを立てて行っているオールスタンディング形式かつ観戦無料のプロレス大会。
 2022年にはこのプロレス祭りの輪を広げていくべく、たかの台地区商店会(小平市)、東久留米駅前商店会(東久留米市)も合わせた3つの商店会でタッグを結成し『闘強商店会プロレス』を実施。昨年の当該イベントは大盛況の内に終わり、今年も連続開催に至った。

 この日のメインイベントには“商店会プロレス史上最大の大物”が参戦することがアナウンスされていたが、その正体はジャガー横田。
 ジャガー横田&藪下めぐみvs青木いつ希&網倉理奈のタッグマッチが行われることとなり、青木が「無料で見ていい試合じゃねーだろ?!」と突っ込むと観衆は大歓声で肯定した。

 試合はジャガー&薮下の“CRYSIS”の悪の連携が光り、ジャガーはイス攻撃、薮下は黒帯をムチのようにつかう凶器攻撃で若手タッグを圧倒。
 青木がパワーファイトで押し切ろうとすれば薮下がコーナーに引き込んでぶら下がり式腕十字で捕らえ、網倉が得意の逆エビ固めを見せればジャガーが即座にイスでぶん殴ってカットするなど大暴れし、朝から雨降る新宿の街に集まった約500名の観衆は大熱狂。
 青木&網倉は2人がかりで薮下を攻め立てていくも、薮下は2人をまとめて払い腰で叩きつける。その隙を見逃さなかったジャガーが網倉をオクラホマロールで丸め込んで3カウントを奪った。

 マイクを取ったジャガーが「足場の悪い中、こんな沢山の人に見ていただいて本当に嬉しく思います。応援していただいて本当にありがとうございます。またお会いできればと思います」と挨拶すると、さらなる特別ゲストとして新宿区長・吉住健一氏がリングイン。


 吉住区長は「子供の頃から大スターだったジャガーさんと、その頃は新人でいられた薮下さん。今もすごい試合を見せていただきました!ありがとうございました!」と頭を下げてリスペクトの意志を示す。
 そして、「去年はコロナの最中での開催だったんですけど、そこから『このプロレスを機に脱却しよう』という話をしました。そして見事に街の皆さんが盛り上がってくださって、夜もたくさん人が来てくれるようになりました。今日、朝からプロレスを楽しみに来てくださったファンの皆さんが、これからもこうして楽しめるよう、きちんと安全な街を創っていきますので、皆さん、この街を愛してください!」と挨拶。大会は大団円の内に終わった。

 なお、この日のセミファイナルでは空位となっていたたまプロタッグ王座を末広通り商店会軍のガッツ石島&尾崎妹加が奪取。次回10月1日の東久留米駅前商店会大会では地元の東久留米軍を相手に初防衛戦を行うことが決まっており、今年も『闘強商店会プロレス』は熱い闘いが繰り広げられることになりそうだ。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る