清宮海斗が新日本プロレスのリングでTV王者ザック・セイバーJrと睨み合い!「海斗くん…オマエとは昔からの付き合いだからな」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 8日、後楽園ホールにて新日本プロレス『カンタン酢 Presents Road to DESTRUCTION』が開催。セミファイナルではザック・セイバー・ジュニアの持つNJPW WORLD TV王座にボルチン・オレッグが挑戦を予定していたが、急遽欠場となりNOAHに武者修行中の大岩陵平が挑戦した。

 大会開始前にオレッグの欠場が伝えられ、林リングドクターより「左手首から化膿を起こし、今朝熱が39度出てしまいました。出るとは言っていたんですが、危険と判断し中止とさせていただきました。残念ですがご了承ください」と病状が報告される。
 その後オレッグの希望により、9月よりNOAHで武者修行中の大岩亮平が挑戦することが発表された。

 大岩はセコンドに清宮海斗を連れて入場。試合が始まるなりザックのビッグブーツを受けきりショルダータックルでふっ飛ばした大岩が場外でザックを痛めつけていく。
 だがザックも腕を絞り上げて動きを止めると、鉄柵を使った腕攻めからリングでも徹底的に左腕を攻め立てる。
 雄叫びをあげた大岩は俵返し2連発からジャーマンスープレックスホールドと投げ捨てていくが、返したザックは腕攻めを続けクラーキーキャットで捕らえるが大岩はなんとか足を伸ばしロープブレイク。
 トドメに向かうザックに大岩はドラゴンスクリューからの足4の字と、武藤敬司から清宮海斗へと直伝された動きを見せて反撃。逃れたザックは、再度ドラゴンスクリューを狙った大岩を切り返して腕ひしぎ。これを返した大岩が足4の字を狙うも、あっさりとザックが三角締めで取り返すとクラーキーキャットで絞り上げてギブアップを奪った。


 試合後に清宮海斗がリングに上がると、NOAHの先輩でもあるザック・セイバー・ジュニアと睨み合い挑発。
 だがバックステージでザックが「(大岩は)NOAHボーイになって1週間経つが、海斗くんはもしかしたら良い先輩なのかもしれないな。でも、まだ分からない。海斗くん…オマエとは昔からの付き合いだからな。大岩、先週(のNOAHでの対戦)は楽しかったよ。今日も会えてナイスだった。そしてナイスな状態のオマエと対戦できて良かった。13回ディフェンス、クールだろう?今年終わるまで、20回ほしい。でも、今チャレンジャーちょっといないね」と語っていると、トイレに入ろうとした小島聡が目に入り「明日忙しい?」と問いかける。
 小島は「忙しいって何だよ!トイレに来てんだよ!漏れるよ!」と焦って返すが、ザックは「挑戦。明日。明日よろしくお願いします!と深々と頭を下げて、強制的に防衛戦を決定した。

 翌日の9・9後楽園ホール大会第1試合で小島聡はオスカー・ロイベとのシングルマッチが発表されているが、果たして小島が連戦となるのか発表が待たれる。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る