【インタビュー】『PANCRASE 335』に出場のジョセフ・カマチョが公開練習!同郷のカイル・アグォンに師事し「MMAに恋に落ちました」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 7月6日夜、『PANCRASE 335』(9日/ニューピアホール)で前田浩平(GRABAKA)と対戦するジョセフ・カマチョ(Spike22)が公開練習を行なった。
 カマチョはパンクラス初参戦。以前パンクラスに参戦、2019年にはフェザー級王者・ISAO(当時)にも挑戦したカイル・アグオンのチームメート。MMAの基礎はカイルから学んできたという。
 2分2Rの公開練習では山本アーセンがパートナー、質疑応答では山本美憂が通訳と、豪華な顔ぶれ。明日はカイルも来日し、ファミリー一丸となって勝ちにいく。
 公開練習を終えたカマチョに、現在の心境を聞いた。(都内大田区・YSAにて)


――カマチョ選手、日本は初めてですか?
カマチョ「いいえ、4回目です。3回は柔術で来ました」

――MMAとしては初めてなんですね。
カマチョ「はい」

――カマチョ選手から見た日本は、どんな国でしょうか。
カマチョ「日本の食べ物がすごく好きです。あと、今回はタイミングがすごく良かったです。前に来た時は寒かったのですが、今回は暑いので。寒いと体調に良くないですが、暖かいので減量も調整しやすいです」

――では。今回参戦するパンクラスの印象を教えてください。
カマチョ「日本で試合がしたいとずっと思っていたので、本当に光栄です。今回は良い用意ができているので、良い試合ができると思います」

――相手の前田浩平選手の情報は入っていますか?
カマチョ「あまり分からないのですが、レスリング、そしてグラップリングの得意な選手と思っています」

――自身をどのようなファイターだと思っていますか?
カマチョ「オールラウンダーです。上でも、下になっても闘えます」

――それを踏まえて、今回どんな試合になると思いますか。
カマチョ「全試合で一番良い試合になると思います。前田選手も勝ちに来ると思いますが、自分も絶対に負けるつもりはないので、皆さんに絶対に良い試合を見せられると思います」

――どんなフィニッシュ、どんな勝ち方を見せてくれますか。
カマチョ「前田選手のすべての動きを全部自分のものにします」

――今回パンクラスに初参戦ですが、今後どのようなプランを考えていますか?
カマチョ「今後のプランというよりも、1つ1つの試合に目を向けているので、今回パンクラスがチャンスを与えてくれたことに感謝しています」

――少し話を変えて、ご自身のことについてお聞きします。MMA以前はどんなスポーツをされていましたか?
カマチョ「高校の最後の年にレスリングを1年だけやりました。地元の友達がカイル・アグオンなので、 Spikeっていうジムをちょっと見てみなよって言われてその日に見に行って、その日から自分のMMAのヒストリーが始まりました」

――MMAを始めようと思ったきっかけは何だったのでしょうか。
カマチョ「最初トレーニングしていた時は試合に出るつもりはありませんでした。でも、2010年に1週間ぐらい前に(試合に出ろと)言われて試合に出て、そこからMMAに恋に落ちました」

――ちなみに、その試合の結果はいかがだったんでしょう。
カマチョ「TKO勝ちでした」

――MMAの基礎は、カイルから教わった形ですか?
カマチョ「はい、そうです」

――カイル選手はパンクラスでトップクラスまで行き、RIZINにも出ました。そのカイルから、パンクラス参戦にあたって、どんな言葉がありましたか?
カマチョ「みんな、いつもすごく気持ちを入れて練習もしますし応援もしますけど、いつも必ず言うことは『自分はこれだけやってきた、それをやるだけ』と」

――なるほど。カマチョ選手がファイターとして尊敬していたり、目標にしたりしている選手はどんな人ですか?
カマチョ「いろんな人を好きですけど、アンデウソン・シウバなどですね」

――鍛え上げられた感じが見て取れますが、フィジカル作りで心がけていることは何ですか?
カマチョ「オンとオフがすごくうまく使えています。オフの時は好きなものを食べますが、試合が決まると切り替わります。そういう切り替えがうまくできていると思います」

――先ほど、日本の食べ物がお好きとおっしゃっていましたが、どんなものがお好きですか?
カマチョ「スシ!寿司、刺身です。試合後、お寿司を食べに行きます」

――食事以外で特別にやってらっしゃることはありますか?
カマチョ「いわゆるフィジカルのトレーニングもしますし、走るのがすごく好きです」

――では、スタミナも心配ないですね。
カマチョ「もちろんです」

――カイル選手はパンクラスでとても愛されていましたが、ご自身もそういう存在になっていきたいですか?
カマチョ「カイルに少しでも近づければと思っています」

――初めてのパンクラス、ファンの人たちにどういうところを見てもらいたいですか?
カマチョ「試合が始まったら思い切り闘うので、そういうところを見ていただきたいです」

――では最後に、改めてファンへメッセージをお願いします。
カマチョ「良い試合を見せます!」

 笑顔を絶やさずハキハキと受け答えをするカマチョは、試合をする喜びに溢れ、まさに「MMAに恋をしている」。
 また、カイル・アグオンのチームメートであることにも期待せずにはいられない。どのような試合を見せてくれるか、そして存在感を示せるのか。楽しみな一戦だ。

(写真・文/佐佐木 澪)

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る