鈴木みのるの新軍団が全日本プロレスで躍進!土井成樹が世界ジュニア王座に興味!大森北斗がヘビー級へ!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 2日、東京都・後楽園ホールにて全日本プロレス『#ajpw新春ジャイアントシリーズ2023』が開催され、鈴木みのる&土井成樹&大森北斗が新チームの初陣を勝利で飾った。

 全日本プロレスでは、例年1月2日&3日の後楽園ホール大会2連戦でサプライズやエポックメイキングなカードが並ぶ。
 今回は、昨年12月に新日本プロレスで鈴木軍を解散した鈴木みのるが“X”をパートナーに2日&3日の両日参戦することが発表。年内最終大会ではXの正体がDRAGON GATEを退団してフリーとなった土井成樹であることが明かされ、意外な超大物タッグの誕生にプロレス界は沸き立っていた。

 前日の後楽園ホール大会では、石川修司&大森北斗vs鈴木みのる&土井成樹のタッグマッチが実施。
 北斗がみのるへと強い対抗心を示して向かっていくものの、みのるの容赦ない打撃の雨あられで打ちのめされゴッチ式パイルドライバーで沈む結果に。しかし、試合後に北斗が「俺と一緒に闘ってくれ」と座り込んでみのるに懇願。
 みのるは北斗を引き起こして握手し、土井、北斗と3人でバックステージへと帰還。「全日本プロレス!テメェらの中から牙が出てきたぞ。内側から腹、食いちぎってやる。俺と大森北斗、そして!土井成樹。さぁ3人でメチャクチャにしてやる。待ってろ、全日本プロレス!」と新軍団の始動を仄めかしていた。

 試合が始まると、土井が石川&青柳のヘビー級選手をスピードで翻弄しつつみのるとのコンビネーション攻撃を決めて見せ、終盤には北斗と亮生の同期対決が中心に。
 世界ジュニア王座戴冠を果たすなど結果を出している亮生に対し、シングル戦線では伸び悩む北斗はガツガツと攻め立てて意地を見せる。
 石川&青柳の加勢で北斗ピンチを迎え、亮生のムーンサルト・プレスを被弾しそうになる場面もあったが、なんとか回避したところへみのるのサッカーボールキック+土井のバカタレスライディングキックが炸裂。みのる&土井が北斗のサポートに回り、北斗がRKOから無想一閃で突き刺して3カウントを奪った。

 世界ジュニア王者の亮生から3カウントを奪った北斗は、王座挑戦表明をするのかと思われたが、バックステージでは「亮生、今まで本当に楽しかった。今日で区切りがついた。俺はもう、ヘビー級に行く。石川、青柳優馬、俺の狙いはお前らだったんだよ!今年からヘビー級に俺は行くから覚悟しとけ!」とジュニア卒業宣言。
 一方、土井は「今日でオイ!世界ジュニアも俺の視界に入ったからな!」と世界ジュニア王座へターゲットを定める。

 気炎を上げる2人を見て満足そうに笑ったみのるは「ベルトホルダーも全て俺たちの敵だ!お前ら、覚悟しとけ!」と全日本プロレス本格侵略を宣言した。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2023年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る