20歳のダンサーレスラーを倒し18歳の“格闘JKファイター”が10度目の王座防衛!次期挑戦者は170cm70kgのビッグガール!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 26日、東京・品川インターシティホールにてスターダム『FIBREPLEX presents NEW BLOOD 4』が開催。セミファイナルでは、羽南の持つフューチャー・オブ・スターダム王座にAoiが挑戦した。

 羽南は今年6月に林下詩美が打ち立てた最多防衛記録を更新する7度目の王座防衛に成功。その後も連勝を続け、今月21日には天咲光由を倒し9回目の防衛に成功した。
 試合後に、この日のシングルマッチをタイトルマッチに変更したいと羽南が宣言し、以前よりフューチャーのベルトと羽南に挑戦を表明していたAoiがこれに呼応。満を持しての王座戦となった。

 試合が始まると、柔道をバックボーンに持つ羽南の腕をAoiが集中的に痛めつけていくが、ならばと投げ技で迎撃した羽南にAoiは関節を極めていく。
 だが羽南がブロックバスターで叩きつけると流れを掴み、得意のフェイマサーからバックドロップホールドで3カウントを奪った。

 羽南は「Aoiも私もプロレスの未来の象徴です!」と健闘を称え、Aoiも座礼をしてお互いをリスペクト。
 だがそこへ壮麗亜美が現れると「10回も防衛しちゃったら、もう対戦する相手いないんじゃないですか?私のこと、待ってたんじゃないですか?5☆STARでも私が勝利してますし、私の挑戦受けてくれますよね?」と上から目線の挑戦表明。
 不服そうにしながらも羽南は「今まで防衛して来た相手の中で最強の相手だけど、私はあなたからもこのベルト守ってみせます。次のニューブラッドでやりましょう」と王座戦を決定した。

 キャリア2年ながら170cm70kgの体格を持つ挑戦者を相手に羽南が防衛記録を伸ばす事ができるのか?
 次のNEW BLOODに期待が集まる。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る