フロイド・メイウェザーJr.と朝倉未来の試合は『超RIZIN』で実施!堀口恭司が1年9ヶ月ぶりの凱旋帰国決定!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 13日、RIZINがYouTube上にてオンライン記者会見を開催し、9月25日にさいたまスーパーアリーナにて『超RIZIN』および『RIZIN.38』が2部制で開催されることを発表した。

 RIZINは9月25日にさいたまスーパーアリーナでの大会開催を予定しており、今大会ではフロイド・メイウェザーJr.と朝倉未来が対戦するビッグカードが組まれていたことから世界中の注目を集めていた。
 前回大会での榊原信行CEOの総括から、今大会が主に北米からのPPV視聴層を意識した時間帯から始まる2部制の大会になるプランは語られていたが、今会見では昼12時ごろから開始の『超RIZIN』、夕方17時頃から開始の『RIZIN.38』の2部制となることが正式発表された。
 なお、『超RIZIN』では5試合程度を、『RIZIN.38』では7~8試合を予定し、全12~13のカードを並べる予定とのこと。

 第1部『超RIZIN』のメインでは、メイウェザーvs未来の試合を、そして第2部『RIZIN.38』ではBELLATORへ遠征中の堀口恭司が約1年9ヶ月ぶりに凱旋帰国して日本のリングへ上がることが明かされた。

 榊原信行CEOは「我々にとっても堀口選手は1年9ヶ月ぶりの試合っていうのはすごく待ち遠しかったと思いますが、ついに日本でまた堀口の試合が見られると。対戦相手に関しては、ネット上とかでは『扇久保博正選手とのタイトルマッチじゃないか』とか言われてましたが、いきなりここでタイトルマッチ、扇久保も怪我明けのこのタイミングですし、3度目の2人の戦いをタイトルマッチという形で見るよりは、敢えて今回は堀口と扇久保を縦に積もうと思ってます」と堀口vs扇久保のカードを否定するとともに、セミファイナルで扇久保博正vsキム・スーチョルの試合を行うことを発表。

 なお、今大会では平本蓮、萩原京平、三浦孝太の他、前回大会のスーパーアトム級トーナメントでRENAと好勝負を展開したウクライナ出身のアナスタシア・スヴェッキスカが参戦予定であることも明かされた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る