「結構図太い性格してるな」20歳の美少女レスラー・天咲光由が試練の5番勝負初戦で玉砕もジュリアが絶賛!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 8日、東京都・品川インターシティホールにてスターダム『FIBREPLEX presents NEW BLOOD 3』が開催され、天咲光由とジュリアがシングルマッチを行った。

 天咲はスターダム13期生となる期待の新人であり、今年3月に林下詩美戦でデビュー。デビュー戦からメインイベントという大抜擢であり、ミラノコレクションA.T.直伝の天橋立(=イタリアンストレッチ)やAZM直伝の天聖(=超高角度ペディグリー)など多彩な動きを見せるとルックスも相まって人気に。5月28日の大田区体育館大会では元WWEのKAIRIとも闘い、世界中から注目を浴びる選手となっている。

 そして、今年3月からスターダムが主催する新世代の若手が中心となる大会『NEW BLOOD』は、天咲が実質的に主役という扱いを受けており、この日から“超新星5番勝負”と題された天咲のシングルマッチ5番勝負が開始。
 この日のメインイベントでは、5番勝負の第1戦として、天咲光由vsジュリアの試合が行われた。

 試合が始まると、最初から全力で突貫していく天咲に対し、ジュリアは攻撃を全て受けきった上で一発で吹き飛ばすという圧倒的な力の差を見せつけるかのような戦いを展開。
 ジュリアはスリーパーホールドや顔面への低空ドロップキックなど首から上への攻撃を集中させ、観衆へ「「終わらせていいですか~?」と問いかけるという余裕を誇示。これに怒った天咲は膝十字固めやジュリアの足をロープにくくりつけてのドロップキックなどで機動力を削ぎ、怒涛のエルボー連打から天聖で突き刺す意地を見せる。
 これを耐えきったジュリアは、STFで天咲を失神寸前まで絞り上げ、半泣きでふらふらと起き上がった天咲の後頭部へのドロップキック、ミサイルキックと情け容赦なし。天咲も天橋立で最後の抵抗を見せるが、ジュリアは「あぶねー!」と叫びつつも余裕を残してキックアウトし、「頑張れよ!」という激励とともにグロリアス・ドライバーで突き刺して3カウントを奪った。

 マイクを取ったジュリアは「いいエルボー持ってんじゃん。認めたかねーけど、ちょっと効いちまったよ今日。でもでもでもでも、それだけじゃ、まだ駄目だよな?てっぺん目指すんだよな?天咲、もっともっと苦しんで、もがいてもがいて、てっぺん目指していけ。君の行く道は、まだまだ果てしない、でもな、その先には無限の未来が待ってんだよ!なぁ、若人よ、テメーの足で、歩き通せ!またちょっと成長した頃にシングルマッチやろうよ。また潰してあげる。アリーヴェデルチ、またな」と語ってクールに去ろうとす。
しかし、天咲はジュリアを呼び止めてリングに迎え入れ、勝手に肩を借りて起き上がるという図太さを見せた上で「NEW BLOODという大会で私が中心になります!」という覚悟を叫んで大会を締めた。

 試合後、バックステージに戻ったジュリアは、「結構図太い性格してます?(笑)このジュリアを呼びつけて勝手に肩借りるなんて、まあスゴい性格してるなと思って。まあそういうところも認めてやろうかなと」と天咲の成長を喜びつつ楽しそうに笑った。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月別

ページ上部へ戻る