【インタビュー】50歳でプロレスデビューを果たす木村昌嗣が“プロレス世代”に熱い檄!「プロレス親父たちよ、立ち上がれ!」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 某日、7月13日に神奈川県・大桟橋ホールにて開催される『ベストボディ・ジャパンプロレス 4周年記念大会』でデビューする50歳の新人レスラー・木村昌嗣のインタビューを実施した。

 ベストボディ・ジャパンプロレスリング(BBJ)とは、『トレーニングの文化、身体づくりの文化をもっと日本中に広めたい』という思いから発足し、47都道府県全てで開催するまでに成長した『ベストボディ・ジャパンコンテスト』を起点とし、元DDTプロレスの谷口智一ベストボディ・ジャパン協会代表が「プロレス界でも健康美や肉体美を活かして活躍する選手がベストボディ・ジャパンから出てきてもいいんじゃないか」という想いを持って2018年8月に旗揚げしたプロレス団体。
 日々ボディメイクに取り組む人材を積極的にプロレス界に勧誘し、昨年には当時58歳の生え抜き選手である吉田和彦が誕生。60代になっても最前線で闘い続けるゴージャス松野とタッグ王座を戴冠するなど幅広い選手層がリング上で活躍中。
 さらに、当団体では今年から“コンテスト文化とプロレス文化の融合”を掲げ、本家コンテストには無い『セクシーボディコンテスト』を大会内で開催。参加者がディーバ的ポジションで試合を盛り上げるなど新たな試みを展開している。

 今回BBJからデビューが決まった木村昌嗣は、愛知県と静岡県でスポーツジムを経営する50歳。
 ベストボディ・ジャパンの公式レッスンや、名古屋でBBJ関連のエステ運営を任せられ、谷口CEOが「BBJの名古屋支部長のようなもの」と語るビジネスパートナーでもある。
 幼少期からプロレスファンとして育ち、高校まで甲子園を目指して野球取り組んだものの肩を壊してプロへの道を断念。就職後にはスポーツから離れた人生を過ごしていたが、一念発起してトレーナーの道へ進み、子どもたちへ怪我で夢を諦めなくて済むような体作りの指導を行っている。

 そんな木村だが、ベストボディ・コンテストで審査委員長を務め、有名印刷会社の社長でもある吉田和彦が57歳でプロレスラーデビューを果たしたのを見て感銘を受け、自らもプロレスラーとなることを決心。名古屋の有名プロレスラーからマンツーマン指導を受けながら約1年練習に励み、2度のエキシビジョンマッチを経てついにデビューが決定した。

 今回のインタビューでは、“熱血プロレス親父”を自称する木村がなぜ50歳でプロレスラーの道を歩むことを決意したのか、そして「全国に親父プロレスを広める」という野望についての話を聞いた。

――まず、木村さんのプロレスとの出会いを教えてください
「僕は50代だからね、小学校の頃には超プロレスブーム!全日本プロレスのジャイアント馬場さん、ジャンボ鶴田さん、あとは僕が一番好きだったのはファンクス、テリー・ファンク!プロレスが一番熱かったときにずっと見てて、遊びと言ったらプロレスごっこという時代でね。そのあと新日本プロレスが出てきて盛り上がったし、そういう時代なんですよ。プロレスが大好きで、学校でもみんなプロレスの話。コミックもみんなプロレス物。プロレス大好きだったんですけど、やっぱり大人になって離れてしまって、90年代以降のプロレスは知らなかったんですよね」

――子供の頃に大好きだったプロレスとまた関わるようになった理由は
「最初はベストボディの仕事に関わっていただけだったんですけど、谷口さんがベストボディ・ジャパンプロレス(BBJ)っていうのを始めて、『プロレスかぁ、懐かしいなあ』なんて感じで1プロレスファンとして見るようになったんです」

――1プロレスファンから、50歳でプロレスラーデビューしたいと思ったキッカケはなんだったのでしょう
「吉田さんがデビューするときに衝撃を受けたんですよ。57歳でプロレスデビューなんて、僕の中では考えもしなかったことだったんです。僕はそれまで酒飲みながら楽しくプロレス見てるだけで満足してて、谷口さんから『レスラーやりませんか?!』って誘われてたのも笑い話として受け取って断ってたんですよ。だって、出来るわけがないじゃないですか(笑)でも、『出来るわけがない』ことをやってのけた吉田さんの試合ですごく胸が熱くなったんですよ。『俺にも出来るんじゃないか』って、プロレスごっこをしてた子供の頃に『プロレスラーになりたい!』って思ってた気持ちがメラメラと蘇ってきたんです」

――吉田和彦選手という前例があったにせよ、50代からのプロレスラーデビューは常軌を逸しています
「まあ、そうですよね(笑)でも、若い人には分からないかもしれないけど、40代も後半になってくると、なにかやりたいことがあっても『もう50だし、無理もできないしもういいか』って気持ちになって、何事もやる前からやめちゃうようになるんですよ。身体もガタが来るし『そんな無理すること無いよな』って。でも、僕は仕事上、アスリートの子たちを指導してて、スポーツの強豪校とか格闘技のチャンピオンになっている子もいる中で、僕は指導してる身なのに自分はだらけた状態だなって気付かされたんです。熱く指導してるのに自分はどこかで諦めている。そんな状態をどっかで変えたいとは思ってたんです。でも、吉田さんのデビューを見て、僕も『絶対人がやらないこと、誰もが無理だということをやってみよう』という気になったんです。僕がそうやって挑戦する姿を見せることが、一番の指導なんじゃないかなって思うようになって」

――実際にプロレスの練習を始めてみてどうでしたか?
「やりはじめたら、そんな簡単なことじゃないって思い知りました。身体は思うどおりに動かないし、若いときだったら全然大丈夫だったことも疲れは抜けないし痛みは出てくる……。『失敗したかな』と思ったことも有りましたけど、そこでやめたり負けたりしたら教え子のアスリートたちに『絶対に諦めるな!』と散々言ってきた指導者としてダメじゃないですか(笑)だから、見る人に『50歳過ぎてもこんなに動けるんだ!こんなことが出来るんだ!』ってくらいの動きは見せたいと思って、『なんかオジサンが頑張ってるね~』程度の動きは見せたくなかったので、諦めずに1年くらい練習を続けていった感じですね」

――デビューに向けて名古屋の有名プロレスラーからマンツーマン指導を受けているという話を小耳に挟んだのですが、本当でしょうか
「最初は、週1で名古屋から毎週新幹線で東京のBBJの練習に通って、終わったら深夜に夜行バスで名古屋に帰るっていう生活をしてたんですけど、思った以上に身体がしんどいのと、こんな調子じゃいつまで経ってもデビューできないって危機感を覚えたんです。そこで、名古屋でもプロレスを教えてもらえるところを探して、鶴舞にあるスポルティーバの社長に話をしたら、高井憲吾さんと小仲=ペールワンさんという2人の師匠を付けてくださって。細やかなレスリングのテクニックを基礎から仕込んでいただいたのと、ルチャ的な動きも2人に鍛えていただきました。名古屋で週1、東京でも週1っていうペースで練習をしていたら、上達も早くなったと思います」

――だから、デビュー戦の相手がBBJ初参戦でもある小仲=ペールワン選手なんですね
「そうですそうです。僕は高井さんと小仲さんの弟子でもあるので、師匠の1人である小仲さんに胸を借りるつもりで、全力でぶつかって師弟対決していきます!」

――どういうプロレスラー像を目指していきたいですか
「諦めない気持ちを見せられるプロレスラーになりたいですね。負けても、キツくても、やめたくなっても、諦めずに立ち向かうとことん熱い情熱を持ったプロレスラーになりたいですね」

――頑張る同世代、それ以上の年齢の方々へエールを贈りたいということでしょうか
「そう、まさにそれです!40後半、50、60、そうやって歳を重ねていろいろなものを諦めかけている人達にも、『青春はまだまだこれからだぜ!』『もう1回若かったときの輝きを取り戻そうぜ!』って訴えかけていきたいんです。実はもうその成果は少し出ていまして、名古屋で同じ40代、50代の、『まさか自分がプロレスなんて』と思っていたおっさんたちを集めてプロレスの練習を始めているんです。谷口会長も『ベストボディ・ジャパンプロレス東海部に』なんて言ってくれてるんですけど、僕の夢は、全国にオヤジプロレスの輪を広げていきたい。これですね。プロレス世代よ立ち上がれ!」

『ベストボディ・ジャパンプロレス 4周年記念大会』
日程:2022年7月13日(水)
開始:18:00
会場:神奈川県・大桟橋ホール

▼セクシーボディの美男美女コンテスト SEXY BODY JAPAN 2022 Yokohama July
第1ラウンド:規定ポーズ審査
第2ラウンド:パフォーマンス審査(大会の後半)
*今大会は男女のセクシーボディコンテスト

▼シングルマッチ 木村昌嗣デビュー戦
小仲=ペールワン(666)
vs
木村昌嗣

▼タッグマッチ
アントニオ小猪木(西口)/赤井沙希(DDT)
vs
なべやかん/竹林早苗

▼BBWスーパーボディ級選手権試合 バトルロイヤル
【第6代王者】チェリー(フリー)vsベストボディ・ベイダーvs大和ヒロシ(フリー)vs唐澤志陽vsバキュームけーすけvs高尾蒼馬(DDT)vs大鷲透(フリー)vs男色ディーノ(DDT)vs伊橋剛太(DDT)vs政宗(フリー)vs石井慧介(ガン☆プロ)vs八須拳太郎(PPP)vsしゃあ(愛媛)
※チェリーは3度目の防衛戦

▼BBWタッグ選手権試合
【第6代王者組】ライジングHAYATO(愛媛/全日本)/イマバリタオル・マスカラス(愛媛)
vs
【ダンカンプロレス軍団】諸橋晴也(フリー)/鈴木悟(フリー)
※HAYATO&タオルは2度目の防衛戦

▼BBW無差別選手権試合
【第4代王者】ラグジュアリー吉田
vs
【挑戦者】谷口智一
※吉田は初防衛戦

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る