【会見全文】ベストボディ・ジャパンプロレスにベストぽっちゃりジャパンが本格侵攻開始!会見を欠席した王者なべやかんにブチ切れた唐澤が「20代の子はなべやかんなんて知らない」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 7日、ベストボディ・ジャパンスタジオにて3月27日に新宿FACEで開催される『ベストボディ・ジャパンプロレスリング~Shinjuku Spring 2024~』についての記者会見が行われた。

 ベストボディ・ジャパンプロレスリング(BBJ)とは、『トレーニングの文化、身体づくりの文化をもっと日本中に広めたい』という思いから発足し、47都道府県全てで開催するまでに成長した『ベストボディ・ジャパンコンテスト』を起点とし、元DDTプロレスの谷口智一ベストボディ・ジャパン協会代表が「プロレス界でも健康美や肉体美を活かして活躍する選手がベストボディ・ジャパンから出てきてもいいんじゃないか」という想いを持って2018年8月に旗揚げしたプロレス団体。
 日々ボディメイクに取り組む人材を積極的にプロレス界に勧誘し、2020年には当時58歳の生え抜き選手である吉田和彦(現:ラグジュアリー吉田)が誕生。60代になっても最前線で闘い続けるゴージャス松野とタッグ王座を戴冠するなど幅広い選手層がリング上で活躍している。

 また、BBJでは2023年からプロレス界屈指の仕掛け人でもある大鷲透をスーパーアドバイザーとして迎え、エポックメイキングな試みを数多く展開。
 現在プロレス界とは距離を置いているアクトレスガールズとも全日本プロレスに先駆けて2023年7月から業務提携。BBJ女子エースの山中絵里奈がアクトレスとのW所属となった他、同年10月には両国国技館での『ベストボディ・ジャパン2023日本大会』にアクトレスガールズの面々が出場するなど多方面での協業を展開。他のプロレス団体の後追いをすること無く独自路線を貫いている。

 この日の記者会見では、谷口智一CEO、大鷲透スーパーアドバイザー、ラグジュアリー吉田、唐澤志陽、木村昌嗣、榎本高志、大竹仁美、水沼太一、鈴木達也、木庭博光、樋口靖洋が出席。
 全対戦カードが発表され、出場選手たちが試合に向けての意気込みを語った。

『ベストボディ・ジャパンプロレスリング~Shinjuku Spring 2024~』
日程:2024年3月27日(水)
開始:19:00
会場:東京都・新宿FACE

▼6人タッグマッチ
高梨将弘(DDT)/アントニオ小猪木(西口)/鈴木悟(フリー)
vs
くいしんぼう仮面(フリー)/石井慧介(ガン☆プロ)/鈴木達也


鈴木「ベストボディ・ジャパン公認講師の鈴木達也です。12月にデビューさせていただいて今回が3戦目になります。今回は6人タッグマッチということで、名だたる大先輩とリングに立たせていただくんですが、新人だからと臆すること無く、先輩たちの見せ場を逆に食うくらいの気持ちで、新人らしいエネルギッシュなリングを皆さんにお見せで来たらと思います。よろしくお願いします!」

▼アクトレスガールズ提供公演
茉莉/山中絵里奈
vs
[The Royal]夏葵/皇希

▼ベストボディ軍 vs ベストぽっちゃり軍
谷口智一/竹林早苗/榎本高志/大竹仁美
vs
[ベストぽっちゃりジャパン]大鷲透(フリー)/伊橋剛太(DDT)/真琴(フリー)/まなせゆうな(ガン☆プロ)


大竹「大竹です!私、普段はベストボディ・ジャパン公認講師をしています。ベストボディ・ジャパンってどういう大会だか皆さんご存知ですか?健康美。引き締まった身体なんです!それがですよ?ぽっちゃり軍団って、ベストボディ・ジャパンのプロレスにありえないことなんです!これ以上拡散してはいけないと思うので、しっかり私が引き締めていきたいと思います。今回タッグを組んでいただく谷口会長と榎本さんもなんですけど、ちょっとぽっちゃりに引き込まれそうな気がするので、私がそれを阻止しますッ!いいですねッ?!会長!行っちゃダメですよ!ぽっちゃりにならないで!」

榎本「今回ベストぽっちゃり軍との闘いなんですけども、僕は若干リトルぽっちゃりになっているので……会長も。ちょっと引き込まれつつ、ベストボディ軍の意地を少しでも見せたいと思います。勝ちまぁす」

大鷲「いやぁ~……今のを見てて分かりますか、皆さん。ぽっちゃりがぽっちゃりといえない世の中になって来ているんですよ!私はこの世の中を変えていきたい!ベストボディ・ジャパンプロレスに、ぽっちゃりの波をどんどん起こしていきたいんですよ!ということで、私はこのベストボディ・ジャパンプロレスで、『ぽっちゃり軍強化月間』としまして、新たな人材を発掘しています。その1人として、まなせゆうな選手。言わずとしれたぽっちゃりですよ!『ぽちゃ女』(※プロレス界のぽっちゃり女子好きの権威・今成夢人とまなせが主崔する『ぽっちゃり女子プロレス』)をやるくらいぽっちゃりしてます。すごいぽっちゃりです。そしてもう1人。真琴選手。真琴選手にオファーしたところ、『私はそんなにぽっちゃりじゃないんじゃないですか?』と。ほら!ここにもいるんですよ、自分をぽっちゃりだと認められない人が!私はそういう人たちがみんな『私はぽっちゃりですよ』って言える世の中に変えていきたいんです。私が手を差し伸べたことで、これを掴み、みんながぽっりゃりって言えるように!会長も!榎本さんも!みんながぽっちゃりになればみんな幸せになるんですよ!なので、私はぽっちゃりをこれからどんどん育成していきたいと思います。真琴さんを、しっかりと、ちゃんとした、胸を張って『ぽっちゃり』って言える人間に育てていきたい。そんな気持ちでこのカードを組みました。ぽっちゃり軍、どんどん勢力を拡大していきますんで。お楽しみに!」

谷口「今回相手がベストぽっちゃりジャパンの4人ですけど……なんかね、大鷲選手の話を聞いてたら、ぽっちゃり楽しいかなと。この前も榎本さんとご飯行ったら、冷麺3杯食べてたんですよ」
大鷲「ほぼこっち側じゃないか!(笑)」
谷口「そういうの見てたらね、ぽっりゃりの方が良いかな……って」
大竹「ちょっと!なにを仰るんですか!」
大鷲「みんな楽になっちまいな。早く楽になってしまいな」
谷口「ベストボディ・ジャパンプロレスじゃなくて、ベストぽっちゃりジャパンプロレスでいいんじゃないかな……?」
大竹「良くないです!会長!目を覚ましてください!」
大鷲「フフ、みんな楽になっちまいな……」
谷口「今回、この対戦を通して、ぽっりゃりが良いのか悪いのか、しっかり見たいと思います」

▼スペシャルタッグマッチ
[ベストぽっちゃりジャパン]アジャコング(超花火)/男色ディーノ(DDT)
vs
[バラモン兄弟]バラモンシュウ(フリー)/バラモンケイ(フリー)


大鷲「この試合はですね、先日2月29日に行った私の自主興行『ルチャンコ・スペシャル』で、バラモン兄弟との試合で青柳優馬(全日本プロレス)のパートナーとしてアジャコング選手に急遽参戦していただきました。その試合がですね、会場全体をもうビチョビチョにするくらいとんでもない試合で、アジャさんもその試合が楽しかったと言ってくれてるんで、この続きが見たい!これはもう早くやんなきゃいけない!やるんだったら早くやらなきゃいけないってことで、このベストボディ・ジャパンプロレスのリングで、バラモン兄弟vsアジャコング選手の再戦が決定しました。もう1人、どうせやるならもっととんでもないことになってもらいたいってことで、ここに男色ディーノを投入して。これはね、もう水を浴びるわチューされるわっていうとんでもない空間になると思うんでですね、お客さんが鍛えられる。そんな試合になると思います。覚悟して来てください」

▼スペシャル8人タッグマッチ ~チームラグジュアリー vs チームアラフィフ世代~
ラグジュアリー吉田/大石真翔(DDT)/大和ヒロシ(フリー)/水沼太一
vs
チェリー(フリー)/木村昌嗣/木庭博光/樋口靖洋


吉田「ラグジュアリーです。CLUB LUXURYとして何試合かやってるんですけど、もっと勢力を強めたいと思いまして。誰か新しく入れようかと。まあ、この子なら素質があるんじゃないかってことで今回水沼選手をスカウトしました。ただ、まだまだラグジュアリー軍に入るには足りないので、今回は仮入部として一緒に闘います」

水沼「水沼です!今回ラグジュアリー吉田チームに自分が入れていただけるチャンスを与えてもらえたと思っています。この憧れである、密かに憧れていたラグジュアリーに一歩近づけると思って全力で仮入部をしっかりやり遂げたいと思います!」

樋口「今年1月31日にデビューさせていただきました樋口です。1月のデビュー戦でラグジュアリー選手に、ラグジュアリー・スペシャルでギブアップ負けして、いつかリベンジしたいと思っていましたが、まさかこんなに早くリベンジのチャンスをいただけるとは思っていませんでした。あのときは、僕の必殺技だったSTFを見事にひっくり返されて負けてしまったんですが、今回は新たに技を改良して、次回は是非ともラグジュアリーからギブアップを取りたいと思います。そして、僕らアラフィフ世代。ラグジュアリーはアラカンです。もう定年していただいて、嘱託になっていただきたいと思います。よろしくお願いします!」

木庭「59歳新人の木庭です。おじさんのパワーを見せたいんですが……おじさんじゃなくて老人なんですが。『老人ナメんなよ』ってところを見せつけたいと思います。よろしくお願いします」

木村「なんか、水沼が仮入部?ラグジュアリー軍?ちょっと待てって話で。ウチの東海軍の次期エースを背負って立つ人間だと思っていたんですが、こんなところでラグジュアリー軍に入って対戦相手になっちゃいましたよ。まあ、そうなったらそうなったで水沼を潰しますし、50代の僕たちは、昭和世代の一番熱い年代なんでね。小学校からね。プロレス全盛期だからね。だから、完璧にこの隣りにいるラグジュアリーを潰させていただきます」
樋口「名古屋に帰らせないよ」

水沼「まあ、言っても50以上のジジイの集まりですからね」
木村「殺すぞ」
樋口「東海にも帰らせねえよ?」
木村「来月から給料無いからな、マジで」
水沼「イモ臭いプロレスに興味ないんですよ。ラグジュアリー軍団に入って、ハレンチやり放題!そこに憧れしかありませんから!」
木村「お前はそれしかねーだろ!」
水沼「東海のプロレスに興味はありませんから」
吉田「CLUB LUXURYは楽しいよぉ?」
水沼「はいっ!ぜひとも!」

▼BBWタッグ選手権試合
【王者組/ゴジャ哲】遠藤哲哉(DDT)/ゴージャス松野(DDT)
vs
【挑戦者組】諸橋晴也(フリー)/がばいじいちゃん(フリー)
※第10代王者は初防衛戦。

大鷲「まず、ゴージャス松野選手の現在の病状についての説明をさせていただきます。前回1月31日のベストボディ・ジャパンプロレスで同じカードが組まれていたんですが、コロナに感染して欠場となりました。その後は後遺症で微熱が続く状態だったということなんですが、昨日最終的な確認を取りまして。心身ともに健康な状態に戻ったということで、『1月31日に流れてしまったタイトルマッチをもう1度やりたい』ということで、もう1度ゴジャ哲で。今王者なので、諸橋晴也&がばいじいちゃんの挑戦を受けるということを言ってくれたので。松野さんはもしかしたらもう2度と会うことは出来ないんじゃないかなと思っていたんですけど、リングに帰ってきます。東北魂を見せてくれると思うんで、皆さんご期待ください」

▼ BBW無差別級選手権試合
【王者】なべやかん
vs
【挑戦者】 唐澤志陽
※第6代王者は初防衛戦。


唐澤「群れない、媚びない、不倫しない。唐澤です。おぉい?!やかんがいねーじゃねーか!やかんがよぉ?!おかしいだろ?!チャンピオン!やかん!なんだやかんって。どういうことだ!そもそもやかんってなんだよティファールかオイ?!この会見で乱闘ですよ。私は闘争心むき出しで、掴みかかって、ぶん殴って、もう乱闘会見やるつもりでしたよ。だけどこ、この怒りをどこに、どこにぶつければいい?!おぉい!木村ァ!なんでそこ座ってんだよ?!」

木村「なんだいきなり?!」
唐澤「ちゃっかりチャンピオンになりやがって!なにしてんだお前!田沼ァ!田沼お前!」
水沼「田沼って誰だよ?!」
唐澤「東海軍はわざわざ新幹線で東京まで来たのに、そんなしょっぱいコメントしやがって!修学旅行じゃねーんだよ!このあと東京タワーか?東京タワー登って『キレイだね』『今度はスカイツリー行こうか』ってバカヤローッ!なにしに来てんだ!やかああああん!オイ!やるかコノヤローッ!うん!」

――唐澤選手、この会見にやかん選手は欠席していますが、王者としての資格は無いと思いますか
唐澤「もう無いです。王者としての資格は無いですし、なべやかんっていう名前を名乗ることも許されないと思います。うーん……『だめちかん(ダメ痴漢)』とかって名前に変えたら良いんじゃないか?だめちかんですよ。私が勝ったら彼は改名させます。なべやかんじゃなくて、だめちかんです」

――芸人として超売れっ子だからこそ、プロレスが疎かになっていると
唐澤「芸人として超売れっ子かい?!彼は?!芸人として売れてるのかい?!こないだ私の知り合いのかわいい20代の女の子に、『次、俺なべやかんとタイトルマッチやるんだよね』って言ったら、その子なんて言ったと思います?『えっ、なべやかん?なんですかそれ?』って。そんな状態ですよ!なべやかんなんて知らないんですよ、20代の子たちは!こっちが恥かいたよもう!」

――谷口選手、ぽっちゃり軍がかなり進行してきていますが、これは断固として追い出したいのか、それともぽっちゃりに身を委ねたいですか
谷口「まあ半々なんですよね。委ねたら、人生楽しいかなって気もしてきたんで。でも、そこは代表者としてベストボディ・ジャパンプロレスですからね。ベストボディですからね。この名前で今後プロレスの興行を続けるためにも、思い切り対戦して良いところ、悪いところ、すべてを見て決めたいと思います」

――大竹選手、今の言葉は信用できますか?
大竹「ちょっと……怖いですね。引きずり込まれそうな気がして。会長、ホントにベストボディですよ?」
谷口「隣のカメラマンに引きずられてる」
大竹「ちょっとちょっと!冷麺3杯食べてる場合じゃないでしょ!(※榎本をひっぱたく)勘弁してくださいよ。4月に開幕戦ですよ?」
谷口「冷麺にコーラが大好きですからね」
大竹「4月開幕ですよ?皆さん、ダメです。ベストボディは健康美で引き締まった身体なんです。これはちゃんとやっていきますよ!」

――大鷲選手、順調にぽっちゃりの芽が育っていると思います
大鷲「そうですねえ。早くみんな楽になっちまえばいいと思います。ホントね、真琴選手もそうなんですけども、『いやあ、私はどっちなんでしょう。ぽっちゃりの資格があるのかな』なんて。もっと自信を持って、『私はぽっちゃりだ!』って胸を張って言えるような世の中にどんどん変えていきたいですよ。楽になっちまえ!」
谷口「現に今も、向こう側のスタッフ3名も侵略されている……」
大鷲「早く楽になってしまいな!自分で『私はぽっちゃりです』って言っちまえばまぁるく収まるんですよ。節制とかしなくていいのは楽しいですよ?毎日がチートデイですよ?」

――水沼選手、やはり東海を捨てて歌舞伎町でパリピになりたいですか?
水沼「あったりまえじゃないですか!ラグジュアリーですよ?このハレンチな装い……いや間違えた。ラグジュアリーな装い。そして美女を横に侍らせる。それがすべての憧れですよ。東海のプロレス?どーでもいーですよ、そんなこと」

――ダサい東海ではパリピになれない?
水沼「ダサいとか……ちょっともう“東海”って名前出すのもやめてもらっていいですか?誰もわからないんで」

――アラフィフ軍の皆さんは、今の若者の暴言を聞いてどう思われますか
樋口「東海から追い出してやる!」
水沼「東海ってどこにあるんスかねえ?聞いたこと無いですよ」
樋口「水沼選手から3カウント獲って、東海から追い出して、負けた水沼選手はラグジュアリーにも入れず、東海にもいられず。宙ぶらりんになります」
木村「ケツ出すだけ。芸がケツしかない。他になんかあんのかお前?」
水沼「色々ありますよ、隠しダネがね」
木村「次は何を出すんだ」
水沼「それは言えません!」
木庭「ケツ以外出せないでしょ」

――吉田選手、今のラグジュアリーとは言えないいがみ合いを見てどう思われますか?
吉田「そうですねえ、いい大人がどうしたのかなと。ただ、試合会場からして歌舞伎町ですから。元々ラグジュアリーな夜が似合うと思います。それを水沼選手もまだ仮入部ですけど、上手くやってくれるんじゃないかと期待してます」

――鈴木選手、第1試合には濃いメンツが揃っていてこのままでは埋もれてしまう懸念があります。埋もれないための秘策はありますか
鈴木「僕は自慢の身体能力と、ベストボディ・ジャパンに選手としても出ているので、この身体1つで6人の中で一番目立てるように頑張っていきたいと思います」

『ベストボディ・ジャパンプロレスリング~Shinjuku Spring 2024~』
日程:2024年3月27日(水)
開始:19:00
会場:東京都・新宿FACE


▼ 6人タッグマッチ
高梨将弘(DDT)/アントニオ小猪木(西口)/鈴木悟(フリー)
vs
くいしんぼう仮面(フリー)/石井慧介(ガン☆プロ)/鈴木達也

▼ アクトレスガールズ提供公演
茉莉/山中絵里奈
vs
[The Royal]夏葵/皇希


▼ベストボディ軍 vs ベストぽっちゃり軍
谷口智一/竹林早苗/榎本高志/大竹仁美
vs
[ベストぽっちゃりジャパン]大鷲透(フリー)/伊橋剛太(DDT)/真琴(フリー)/まなせゆうな(ガン☆プロ)

▼スペシャルタッグマッチ
[ベストぽっちゃりジャパン]アジャコング(超花火)/男色ディーノ(DDT)
vs
[バラモン兄弟]バラモンシュウ(フリー)/バラモンケイ(フリー)


▼スペシャル8人タッグマッチ ~チームラグジュアリー vs チームアラフィフ世代~
ラグジュアリー吉田/大石真翔(DDT)/大和ヒロシ(フリー)/水沼太一
vs
チェリー(フリー)/木村昌嗣/木庭博光/樋口靖洋

▼BBWタッグ選手権試合
【王者組/ゴジャ哲】遠藤哲哉(DDT)/ゴージャス松野(DDT)
vs
【挑戦者組】諸橋晴也(フリー)/がばいじいちゃん(フリー)
※第10代王者は初防衛戦。


▼ BBW無差別級選手権試合
【王者】なべやかん
vs
【挑戦者】 唐澤志陽
※第6代王者は初防衛戦。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る