丸藤率いるノア軍と全面対抗戦のDDT軍に不協和音?遠藤、秋山とのタッグに樋口が「何でこの2人と組まなきゃいけないのか?」と不満げ

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 CyberFightが5月10日、都内のホテルで記者会見を開き、傘下4団体(DDTプロレスリング、プロレスリング・ノア、東京女子プロレス、ガンバレ☆プロレス)による合同興行「CyberFight Festival 2022」(以下、CFF=6月12日、さいたまスーパーアリーナ)の全対戦カードを発表。DDTのKO-D無差別級王者・遠藤哲哉は秋山準、樋口和貞とトリオを結成し、ノアの丸藤正道、小峠篤司、稲村愛輝組と6人タッグマッチで全面対抗戦を行うことが決まったものの、DDT軍に不協和音が奏でられた

 稲村は「対抗戦で戦えることを光栄に思います。ノアでやってきたことをすべて出して、必ず勝ちたいと思います。前々回の武道館(2021年2月12日)では、秋山さんと戦って、とても悔しい思いがあったので。そのリベンジも個人的にできたらと思っております」、小峠は「ノアのジュニアがたくさん出ますけど、ここに入ったことは非常においしいと思っておりますので、当日はぶちかましてやります」と話した。

 大将格の丸藤は「DDTさんと絡むのは非常に久しぶりなんですけど、パートナーの稲村、小峠に関しては、こういうときの試合で絶対的な信頼もあります。これが対抗戦なのか交流戦なのか、どういう形になるのかは分かりませんが・・・。僕と秋山さんのようなオジサンは慎ましやかに、この試合をしたいと勝手に思ってます。若い選手の絡み、僕は非常に楽しみです」と語った。

 かたや、DDTのユニット・イラプションに所属する樋口は、ふだん敵対するバーニングの2人とのタッグに「何でこの2人と組まなきゃいけないのかな?という気持ちがあります。思うところはいろいろあるので。でも、組んだからには自分は自分のやり方でノアを倒しにいくので、この2人にはそれに付き合ってもらおうかなと考えております」と不穏な発言。

 これに対し、秋山は「ダメだよ。それじゃ。やっぱりDDTとして、ノアの象徴・丸藤選手が出てきてるんだから、3人でガチッと力を合わせて丸藤を倒す。それが一番だ。分かった?」と樋口を諭した。

 遠藤は「KO-D無差別級のカードが組まれなかったんですけど、僕自身はいつでも戦う準備はできていました。ただ、代わりにこういう刺激的なカードを組んでくださったので感謝したいと思います。個人としては、チャンピオンとして組まれたということで、狙うのは丸藤選手のクビ一つ。本人は慎ましやかに試合をしたいと言ってますけど、天才のクビを刈って、持って帰りますんで」と打倒丸藤を宣言。

 集中砲火を浴びる格好になった丸藤は「それはレスラー冥利に尽きる部分ではありますけど。俺のクビを狙ってる間に、僕のパートナーの2人がガッツリ主張してくれると思うんで。DDTの皆さんには“お気を付けください”と言いたいです。しかも、なんかそちら仲悪いんですか? もうこっちがもらったようなもんですね。勝手に仲間割れしてもらって構いませんし」とDDT軍の不安要素を突っついた。

 ここで、秋山が「オマエ(樋口)、俺ら3人でしっかり力を合わせて丸藤を叩くんだよ。力を合わせてやらないといけないんだよ。オマエがそうだったら、小峠ぐらいに勝つしかないだろ。オマエ、しっかりやれや」と言い聞かせるも、樋口はどこか不満げ。丸藤からは「秋山さんにこんな口を効くようなヤツを初めて見ましたけど、ひと安心ですね。僕らの勝ちですね」と断言されてしまった。

 この事態に王者の遠藤は「樋口は頭が中も外も硬いところがあるので、どうしましょうかね。あと1ヵ月くらいあるので、ちょっとずつプライベートとか、距離を縮めていきたいと思います」と苦笑するばかりだった。

 樋口はノアの5月30日、クラブチッタ川崎に参戦し、CFFで対戦する稲村愛輝と一騎打ちを行うことも決まった。

 また、会見冒頭に登壇した高木三四郎社長は「昨年開催したCFFが非常に評判がよく、“また開催してほしい”という声が、日本だけじゃなく海外からも来て。期待に応えるために今年も開催することにしました。日本だけじゃなく、WRESTLE UNIVERSEを通して、世界中のプロレスファンに伝わるようなメガイベントにしたいです。6月12日、CFFを楽しんでください」とコメントした。

関連記事

サイト内検索

日別

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る