朱崇花がMAOとのUNIVERSAL王座前哨戦で快勝!「自信は今日勝たなくたってずっと前からある」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが4月1日、神奈川・横浜ラジアントホールで「April Fool 2022 TOUR in YOKOHAMA」を開催。5月1日の横浜武道館でMAOが保持するDDT UNIVERSAL王座に挑む朱崇花がベルト獲りに自信を深めた。

 この日、朱崇花は火野裕士と組み、MAO、クリス・ブルックス組と前哨戦を闘った。MAOがハリウッドスタープレス、ダイビング・ニーで攻め立てれば、朱崇花は変幻自在の蹴り技で応戦。4月10日、後楽園ホールでのKO-Dタッグ王座戦(王者=クリス、高梨将弘VS挑戦者=火野、納谷幸男)の前哨戦となったクリスと火野も強烈なチョップ合戦を敢行するなど火花を散らした。最後は朱崇花がスピンキックから、MAOの必殺技であるみちのくドライバーⅡを繰り出して3カウントを奪った。

 朱崇花は「MAO、オメエ弱いな。5月1日、今日みてぇに、オメエふざけてっと、このベルト、VENYちゃんの手に渡ることになっから、気を付けてろよ」とMAOと同じ宮城県出身らしく、宮城なまりでアピール。

 バックステージで朱崇花は「刺激が足りなかった。たぶん、今日はすごい屈辱。みちのくドライバーⅡを私から受けたのが、絶対に悔しいと思ってるはずだから。それでスリー取ったから、まんまと私の手の内にはまってる。自信は今日勝たなくたってずっと前からある」とベルト獲りに自信満々だった。

 また、第1試合(高梨、高尾蒼馬組VS樋口和貞、納谷組)では、納谷が変形拷問式コブラツイストで3・27後楽園に続き、高梨から再びギブアップを奪い、KO-Dタッグ王座獲りに向け視界良好となった。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る