川松真一朗都議がプロレスデビュー8ヵ月で悲願の初勝利! 「プロレスと公務との両立の感覚が分かってきた」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが4月9日、東京・後楽園ホールで「April Fool 2023」を開催。元テレビ朝日アナウンサーで東京都議の川松真一朗が悲願のプロレス初勝利を挙げた。

 高木三四郎社長のススメで、川松は昨年8月20日の東京・大田区総合体育館でデビューを果たしたが、“無我”西村修に完敗。その後、西村と組んでプロレス修行を積んだ。ここ最近では“独り立ち”しての試合が増えていた。この日は彰人、小嶋斗偉と組んで、大鷲透&平田一喜&伊橋剛太と対戦。

 川松はスーパーヘビー級の大鷲をショルダータックルで吹っ飛ばすなど奮戦。伊橋が狙ったムーンサルト・プレスを川松がかわして自爆させた。彰人と小嶋がキックでアシストすると、川松は強烈な下町ロケット(スピア)を決めて3カウントを奪取した。

 8ヵ月目での初白星に川松は「初めて3カウントを取ることができました。もっと練習して、いろんな技ができるように頑張ります。公務との両立の感覚が分かってきたので、しっかりと練習も公務も怠ることなく、ペースがつかめてきたのが大きいと思います」と会心の笑み。

 デビュー前の出陣式では、だるまの左目に墨を入れていたが、バックステージではようやく右目に墨を入れることができて、ご満悦の様子だった。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る