セクシー美女たちがプロレスのリングでボディコンテストを開催!試合に乱入しレスラーへセクシービンタ!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 31日、東京都・新宿FACEにて『ベストボディ・ジャパンプロレス~BBJ SAKURA 2022~』が開催され、第2回セクシーボディコンテスト(SEXY BODY JAPAN)が大好評のうちに終わった。
(※前列左から吉田紋奈さん、小沢いくみさん、松岡由紀さん、小川由樹さん、寺岡優美さん。後列左から児島あいりさん、林あやさん、小田ふみえさん)

 ベストボディ・ジャパンプロレスリング(BBJ)とは、『トレーニングの文化、身体づくりの文化をもっと日本中に広めたい』という思いから発足し、47都道府県全てで開催するまでに成長した『ベストボディ・ジャパンコンテスト』を起点とし、元DDTプロレスの谷口智一ベストボディ・ジャパン協会代表が「プロレス界でも健康美や肉体美を活かして活躍する選手がベストボディ・ジャパンから出てきてもいいんじゃないか」という想いを持って2018年8月に旗揚げしたプロレス団体。
 コンテスト出場経験者を中心にプロレス界へと積極的に勧誘しており、現在はスターダムで活躍する白川未奈を発掘したという実績もある。

 2022年の大会からBBJではコンテストとの連携を強化し“ボディコンテストとプロレスの融合”という新機軸を発表。国内を代表するボディコンテストの“番外編”とも言えるSEXY BODY JAPANをスタートさせた。
 前回は募集開始が大会開催から1ヶ月を切っていたにも関わらず、4名の出場枠に対して30名以上から応募があり大盛況のうちに終わった。第2回大会の開催が発表されると前回を上回る50名以上から応募が殺到したため、今大会では規模を拡大し8名が出場することになった。

 今大会の参加者は、吉田紋奈さん、林あやさん、松岡由紀さん、寺岡優美さん、小沢いくみさん、小田ふみえさん、小川由樹さん、児島あいりさん。寺岡さん、小沢さんは2回連続の出場となった。

 まずはフロントポーズ、サイドポーズ、バックポーズとベストボディ・コンテストでの規定ポーズを取っての審査が行われ、続けて各々が自由に自身のセクシーさをアピール。最終審査は大会後半に行われる旨がアナウンスされた。

 大会は進んでいき、セミファイナルでは正規軍とヒール軍であるダンカンプロレス軍団(DPG)の対抗戦が実施。
 悪のDPGが荒っぽい場外戦で試合の流れを掴み、挙げ句リング上にイスを持ち込んで大暴れ。正規軍のトップである谷口CEOがイスで滅多打ちにされKO寸前といった場面で突如会場の照明がカラフルなものに変わり、大音量でコンテスト用ミュージックが流れるとともに最終審査の開始がアナウンスされ、美女8名がリングに再登場。

 これに激怒したDPGの大和ヒロシが「この神聖なリングに土足で上がって、お前らタダで済むと思うなよ!お仕置きの時間だ!」と舌なめずりをしながらタイツを下ろそうとすると、美女に目がない伊橋剛太がリングに飛び込んできて身を挺して美女たちをかばい、「この美女軍団に、俺は指一本触れさせねえ!」と漢を見せる。

 しかし、「最終ラウンドの審査は、ビンタ審査です」と無情な場内アナウンスが響き渡り、DPGの面々に取り押さえられた伊橋が8人の美女からセクシーな誘惑を受けながらビンタをされることに。最初こそ恍惚の表情を浮かべていた伊橋だが、ビンタのダメージが蓄積していきボロボロになってしまう。

 審査が終わった後はなにごともなかったかのように試合が再開され、ダメージの回復が追いつかなかった谷口CEOが大和から3カウントを奪われて試合は終わった。

 試合終了後には審査結果が発表され、美しいヒップラインを生かしたアピールが高評価を受けた松岡さんが第1位を獲得した。

 大会終了後、谷口CEOは第2回大会が前回を上回る好評であったことを受け、さらなる規模の拡大を宣言。7月に神奈川県・大さん橋ホールで行われる旗揚げ4周年記念大会では大規模のコンテストマッチを行う計画をぶち上げ、これまで以上に広く参加者を募る予定とのことだ。

(※左から寺岡優美さん、小川由樹さん、松岡由紀さん、小沢いくみさん、吉田紋奈さん)

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る