瑞希が地元神戸での凱旋試合を白星で飾り、タッグトーナメント優勝を宣言!イッテンヨンでの敗戦ショックを払拭

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 東京女子プロレスが1月8日、兵庫・神戸芸術センターで「Tokyo Joshi 2022 Winter~神戸公演~」を開催。昨年8月29日以来、5ヵ月ぶり2度目の地元凱旋試合になった瑞希はメインイベントで勝利を挙げ、故郷に錦を飾った。

 プリンセスタッグ王者(パートナーは坂崎ユカ)として地元に戻ってきた瑞希は、この日、坂崎、中島翔子との豪華トリオで、コンビ再始動となった「121000000(ワン・トゥー・ミリオン)」(山下実優、伊藤麻希)と上福ゆきのタッグと激突。

 6選手中、4選手が現役のチャンピオンとあって、めまぐるしい一進一退の攻防が続いた。そんななか、瑞希はダイビング・フットスタンプを上福に投下するも、カットされた。瑞希と坂崎は合体技のトイストーリー4を山下と上福に敢行。すかさずリングインした瑞希は上福に再びダイビング・フットスタンプを見舞って3カウントを奪い、凱旋試合を自らの白星で飾った。

 わずか4日前(1月4日、東京・後楽園ホール)、山下の持つプリンセス・オブ・プリンセス王座に挑むも敗れている瑞希は「イッテンヨン明けで結構落ち込んでたんですけど。でも、このメンバーで組めて、神戸で試合ができたので。全部いろいろ吹っ切れた気がして。もう1回頑張るから、ちょっと見てて!」と敗戦ショックを払拭できた様子。

 この日に開幕した「第2回“ふたりはプリンセス”Max Heartトーナメント」1回戦で、マジカルシュガーラビッツ(坂崎、瑞希)は1月15日の東京・新宿FACEで中島、ハイパーミサヲの享楽共鳴と対戦する。マジラビの2人はタッグ王者ながらトーナメントが免除されなかったことに疑問を呈しながらも、瑞希は「私たちが優勝するんや」と、坂崎は「この山(1回戦)がきつすぎる。ここが大事やな。やったります」と気を引き締めた。

 中島は「イッテンヨンの年始めはごっちょごちょのオモチャを使って遊んだんですけど。どうやらハイパーミサヲは壊れないオモチャだということが判明したので、私も壊れないオモチャで。気合十分ですよ。もちろん優勝狙ってます」とマジラビへの対抗心をメラメラと燃やした。

 一方、タッグトーナメントで「121000000」は1回戦シードで、1・20新宿での2回戦で、小橋マリカ&らくVS上福&朱崇花(1・15新宿)の勝者組と対戦するが、山下は「シングルのベルトは持っててもタッグとしても強くなって。去年は準優勝だったので、今年こそ。敵がいる前で申し訳ないですけど、優勝を目指していきたい」と優勝宣言。上福は「飲み友達(タッグパートナーの朱崇花)が来るから。たまたまプロレスできるらしくて、その子強いからオイラも頑張る」と発言。

関連記事

サイト内検索

日別

2022年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別

ページ上部へ戻る