デビュー1年半の24歳超新星が女子格闘技トップを倒し「男子格闘技のほうが上って思われるのがほんとに悔しい」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 12月31日、さいたまスーパーアリーナにて『Yogibo presents RIZIN.33』が開催。第11試合では浜崎朱加が伊澤星花と対戦した。

 DEEP JEWELSの超新星として期待される伊澤星花がRIZINデビュー戦。
 現RIZIN女子王者の浜崎が相手となったが、開始直後から伊澤がポジションを上手くとりグラウンドでも圧倒。三角絞めで浜崎をとらえ、そのままマウントを取り肘を落としていきレフェリーストップで勝利した。

 勝利した伊澤は「私はMMAデビューしてまだ1年半しかやってないんですけど、本気で世界で一番強くなりたいと思っています。浜崎さんとかジョシカクって言葉が嫌いって言ってるんですけど、私はジョシカクって言葉がすごく好きで、男子格闘技のほうが上って思われるのがほんとに悔しくて、女子でもこんだけ技術があって色んなしなやかな動きができるのは本当に魅力だなと思うんで、女子格闘技をもっともっと引っ張って男子格闘技に負け無いぐらいの競技にしたいと思っているので、これからも伊澤星花の応援をよろしくお願いします。今DEEP JEWELSでストロー級のベルトを持っているので、そのベルトをしっかりと守ってRIZINのベルトも(肩に)かけて二冠王になりたいと思っています」とRIZIN女子王座への挑戦をアピール。
 
 浜崎は「ノンタイトルで負けちゃってるんで、その義務はあるのかなと思ってます」と王座戦を受ける覚悟を語った。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る