真冬の滝行修行を終えた舞華&ひめか&なつぽいがグラビアアイドルユニットを撃破し王座防衛!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 29日、東京都・両国国技館にてスターダム『STARDOM DREAM QUEENDOM 2021』が開催され、舞華&ひめか&なつぽいがアーティスト・オブ・スターダム王座の4度目の防衛に成功した。

 “舞ひめぽい”こと舞華&ひめか&なつぽいは、今年10月に王座防衛数新記録を更新し続けていた“COSMIC ANGELS”中野たむ&白川未奈&ウナギ・サヤカを撃破してアーティスト・オブ・スターダム王座(※6人タッグ王座)を戴冠。その後は大阪城ホール大会、エディオンアリーナ大阪第一競技場大会と合わせて3度の防衛を果たすなど大阪で無類の強さを発揮してきた。
 舞ひめぽいは、愛川ゆず季さんの引退試合以来8年8か月ぶりの両国国技館大会での防衛戦に向け、真冬の滝行修行を敢行。修業を終えた舞華が「来年は私達売れますかね?」と口にしてしまったため、さらに火のついた木炭の橋を渡る修行が追加。キッチリと煩悩を振り払った状態で大一番に臨んだ。

 今回の挑戦者組は、“COSMIC ANGELS”白川未奈&ウナギ・サヤカ&桜井まい。
 試合はコズエンの奇襲から始まるも、舞ひめぽいは冷静に対処し、キャリアの浅い桜井に照準を絞って猛攻。これを白川&ウナギが救出し、かつてアーティスト戦線で無敵を誇ったコンビネーション攻撃で王者組を翻弄。桜井も復活し、コズエン3人でのトリプル踵落としから必殺のダイビング・エルボードロップも決めてみせる。
 しかし、これはひめかがカットし、ランニングニーから舞華とともにサンドイッチラリアット。舞華は白川、ウナギを次々とみちのくドライバーIIで突き刺していき、最後は桜井もみちのくドライバーIIで突き刺して3カウント。

 試合を終えた舞華は、「今回の相手は正直ね、敵じゃない。ホントに敵じゃない。当たり前の結果。今の完全体な舞ひめぽいに勝てるはずがない。ということで、まあ当たり前な勝利」と退屈そうに語る。
 そして、2022年1月20日~1月30日に公演される舞台『アサルトリリィ』にL役で出演するなつぽいへ激励の言葉をかけ、「なつぽいががんばってる中、私たちも負けじと頑張るんで、そしたらね、なつぽいが帰ってきたらまた次なる挑戦者、色々企んでいるんで、お楽しみにしといてください!」と笑顔で去っていった。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る