キングカズ次男・三浦孝太が大晦日RIZINのMMAデビュー戦でサッカーボールキックでのフィニッシュに興味?!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 17日、RIZINが12月31日に開催するさいたまスーパーアリーナ大会『Yogibo presents RIZIN.33』に関する記者会見を実施し、三浦孝太とYUSHIの対戦が発表された。

 9月にさいたまスーパーアリーナで行われた『Yogibo presents RIZIN.30』のリング上で、プロサッカー選手として活躍した三浦知良さんの次男・三浦孝太の格闘家デビューが発表。
 三浦知良さんは当時ヴェルディ川崎(現:東京ヴェルディ)に所属し、Jリーグが開幕した1993年以降フォワードとして数々のゴールに貢献。ゴール直後にステップを踏みながら片手で天を指し、もう片方の手で股間を握る『カズダンス』がブレイクすると、サッカーを知らない老若男女から注目を浴びた。その後JJモデル出身のタレント・設楽りさ子さんと結婚。現在も54歳にして現役を続け出場機会を求めて所属チームを探している状態であり、多くのチームが獲得に興味を示すなど注目の渦中にある。

 孝太は格闘技を始めてから数年経過しており、現在は宮田和幸のBRAVEジムでトレーニングを重ねているという三浦のMMAデビュー戦の相手に選ばれたのは、同じくRIZINデビュー戦のYUSHI。
 YUSHIは元ホストという経歴を持ちながら地下格闘技で実績を残し、“カッコいい人生”を目指してボディビルにも挑戦し数々の大会で入場。現在33歳ながらMMAにも本格参入を画策している中、大晦日RIZINでデビューという形になった。

 YUSHIは「19からホストやってたりとか、筋肉の大会で優勝したりしてきて、自分がカッコいい人生っていうのが僕の人生のテーマで生きてきたんで。大晦日のステージ(リング)から全てにおいてカッコいい姿っていうのを見せていけたら」と意気込み。

 対する孝太は「今まで積み上げてきた練習とか、色んな所でお世話になってきた格闘技のトレーニングを全部見せて、そうすれば自然に魅力的なことが見せられるんじゃないかなと思ってます。なので、自分から意識してやることっていうのは、入場とか、フィニッシュとかは意識したいと思います」と冷静に返した。

 この試合のルールはサッカーボールキックがOKになっていることから「サッカーボールキックをフィニッシュとして考えているか」と質問が飛ぶと、「使ってフィニッシュしたら一番盛り上がるんだろうなとは思うんですけど、実際そんな簡単な世界ではないと思いますし、サッカーボールキックでフィニッシュしたいからできるようなものではないので。イメージはしておきます」と選択肢の1つには考えている様子。

 このルール設定についてRIZINの榊原信行CEOは「まあ、シャレですね(笑)」とあっけらかんと明かし、当初孝太の相手としてブラジル人選手を予定していたのもサッカーつながり。「サッカー選手のような名前の選手ばっかり探してました(笑)」とマッチメイクの意図をあっけらかんと明かした。
 しかし、「お父さんは15歳で親の反対を押し切って単身ブラジルに行ってるんですよ。19歳でプロの契約を勝ち取ってブラジルでプロデビューしてるんですよ。親父さん、キングカズさんと話をしたときに、やっぱりどっかで自分の遺伝子を持った息子の無謀といえるチャレンジを自分と重ね合わせて見てる親の姿っていうのは会話の中で見え隠れしてたりするんですね」と深いテーマも併せ持っていることを語り、キングカズが『勝ち負けではない。1人でも多くの人に拍手をもらうようなプロとしての試合をして欲しい』と孝太にエールを贈ったというエピソードを明かした。

『Yogibo presents RIZIN.33』
日程:2021年12月31日(金)
開始:14:00(予定)
会場:埼玉県・さいたまスーパーアリーナ

▼RIZIN MMAチャレンジルール(66.0kg):3分3R
三浦孝太(BRAVE)
vs
YUSHI(Potential GYM)

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る