IP王者・乃蒼ヒカリが2度目のハードコア戦で角田奈穂に流血勝利!「2人で東京女子のハードコア戦線を盛り上げたい」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 東京女子プロレスのスピンオフ興行「TJPW INSPIRATION」(第3弾)が12月10日、東京・新宿FACEで開催され、セミファイナルでは2度目のハードコアマッチに臨んだインターナショナル・プリンセス(IP)王者の乃蒼ヒカリが大流血しながらも、初体験の角田奈穗を退けた。

 かねて、ハードコア志向が強かった乃蒼は4月1日、東京・新木場1stRINGでの「TJPW INSPIRATION」第1弾でその道のエキスパートである山下りなと対戦し敗退。それ以来、8ヵ月ぶりのハードコア戦は同門の角田が相手となった。

 リング内外にはラダー、イス、サイリウムが張り付けられたボードが設置され、試合がスタート。両者が凶器アイテムを使って対抗し合うなか、10分過ぎ、角田が乃蒼の額を鉄柱にぶつけると大流血。その後、両者はともにイスに座って強烈なエルボーの打ち合いに発展。15分過ぎ、角田はクロスアーム式DDTから必殺の紫電改を狙うも、回避した乃蒼は裏投げ。さらに乃蒼はイス盛りの上にブリザード・スープレックス・ホールドを決めて3カウントを奪取。2戦目のハードコアマッチで初勝利を挙げた。

 乃蒼は「2人で東京女子のハードコア戦線を盛り上げたいというテーマで闘えた。角田奈穗と東京女子のハードコア路線で組みたいっていうのもあるし、もっと角田奈穂とハードコア、デスマッチがやりたいってのはあります。東京女子にハードコア、デスマッチの風が吹いてると思うので、どんどんベルトと一緒に盛り上げていきたい」と意欲。

 角田は「楽しかった。今回の一戦をその経験の過程にはしたくないし、思い出にもしたくない。今後やっていく上で、タッグでハードコアやるってなったら、お互いに違うパートナーを連れて対角にもいたいし、タッグパートナーとして、ハードコアをどんどんやっていけたらいい。ヒカリちゃんと同じ気持ちだったらうれしいです」と今後のハードコア挑戦にも前向きだった。

関連記事

サイト内検索

日別

2022年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る