【第25回】VAPERレスラー谷嵜なおきのバトルニュースで取り扱い注意!~ダブプロレスとインディペンデントワールドジュニアヘビー級と骨折と~

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

ダブプロレスの谷嵜なおきです。

先日21日にジャストタップアウトさんの大阪豊中大会にて新選手の持つインディペンデントワールドジュニアヘビー級のベルトに挑戦してきました。
キャリアが浅いながらもベルトを保持するチャンピオンの新選手はとてもバランスが良い選手で、攻撃も的確で腕を狙ってきました。チャンピオンのベルトを守り抜くと言う執念が感じられ、かなり苦戦したし追い込まれたし最後はギブアップ寸前まで追い込まれましたが、なんとか強引に前インプラントからインプラントボムを叩き込み勝利でき、第34代王者となりました。とても末恐ろしい選手だと体感しましたね。
約30年程前からインディ団体の先駆けであるFMWから生まれ日本のインディプロレス界で数々の名だたる選手が王者としてそのベルトを巻き紆余曲折を経ていまださ迷うそのベルトを勝ち取れた事はとても嬉しく思います。ましてや地元豊中でもあり、設立当初からお世話になっているジムに併設する176BOXで獲れたと言う事で倍の喜びでした。
これからはダブプロレスでしか出来ないタイトルマッチ、インディペンデントの名前に負けないインディ団体らしさのあるタイトルマッチを展開出来ればと思います。
ちなみに自分の中でのインディと言うのはメジャーの対義ではなく、『独立団体』『縛られない自由』と言う捉え方です。まあそれが結果メジャーと言うところの対義語になっているかもですが。

実は試合中に右手からパキッとはっきりと骨が折れるを聞いてから右手に激痛が走り、握れない。力が入らない。と言う状況はなかなかキツかったですね。
十数年振り三度目の骨折となりますね。
一度目は2006年頃の大晦日のインディサミットでの鎖骨骨折。
二度目はブラッドウォーリアーズの頃の肩脱臼のオマケに組織内部の軟骨が粉砕。
当たり前ですが、骨が折れるのは痛いですね笑
試合中のアドレナリンやテンションあっても激痛を感じながら闘ってました。
どうでも良い情報ですが、全て体の右なんです。
右側を酷使しているのか、右側を休めなさいと言う思し召しなのか。
おかげで左手で箸を使ったり、文字を打ったりするのに少しだけ慣れたかも知れないです。
ついでに連動するらしい右脳にも刺激がいってるだろうと無理やりにでもポジティブシンキングして、身体中に良い気が流れる意識とイメージをして少しでも治りが早くなるようにと考えております。
骨折の正式名称は右手第三中指骨骨折(手の甲の中指あたりの骨折)でした。右手にギブスライフしてます。
試合直後はカイエンタイ初期に練習生としてデビューを目指していたけど、その夢破れたけど接骨院を営みつつこの日20年越しにデビューとなった鄭さんの応急措置のおかげで大事には至らずでした。
中2病ならば学校で骨折アピールしてチヤホヤされてたのかなとも考えてますが、大人なのでそこまでチヤホヤされません笑
利き手が使えなくても意外となんとかなってしまいます。
トレーニングも器具を握る事が出来なくても創意工夫でなんとかこなす事も出来てます。

全治約1ヶ月で12月18日ダブプロレス広島公演にはギリギリですが、そこにはどんな状況であれその時の万全で参戦するつもりです。

そちらも対戦カードも少し発表されましたね。
魔界から復活した青木魔太郎とグンソのスカムヘッズに葛西純、木高イサミ組(敬称略)がハードコアマッチで激突と言うありそうでなかった二人が組む事となりました。
青木魔太郎の復帰後初の広島と久しぶりのスカムヘッズでの広島、宮本選手の欠場から生まれた葛西さんイサミさんのタッグ。
これはなかなか興味深い取り組みとなりました。

そして、元ドラゴンゲートの椎葉おうじの復帰戦もあり、ダブ世界ヘビー級王者近野剣心にブラザーが挑むタイトルマッチも決定しており、年末のダブプロレスの『受け身革命』にふさわしいラインナップとなっております。

魂の16連射の高橋名人の若い頃にそっくりなカブキキッドももちろん参戦しますよ!

コロナの状況も少し和らぎイベント開催の制限も少し緩和されて、マスク着用は必須だったり感染症対策はもちろん万全にしたうえでの収容人数や横断幕、紙テープ、声援アリ。とコロナ以前の熱気も生み出せるのではとモチベーションがあがる要素も合わさって来てます。

来年2022年1月10日(月祝)の大阪梅田TRADでは、アルコールもありと言う事とオールスタンディング予定で、ライブハウスと言う事もあり本来のダブプロレス独特の唯一無二の空間が戻って来そうです。

広島大阪共にチケットは受付中ですので、参戦選手SNSやダブのチケットメールまで!

『ダブプロレス』
2021年12月18日(土)
17:15開場 18:00開始
マリーナホップマーメイドスペース
入場料
前売り
最前列指定席 7500円
自由席 5500円

当日各+1000円
18歳以下1000円(当日のみ)

【出場予定選手】
谷嵜なおき
"brother"YASSHI
グンソ
近野剣心
レイパロマ
木下亨平
内田祥一
カブキキッド
青木魔太郎
伊東優作
椎葉おうじ
TiiiDA
木高イサミ
葛西純

2022年1月10日(月祝)18時
大阪梅田TRAD

関連記事

サイト内検索

日別

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る