世界と千葉のベルトを持つ入江茂弘が初防衛に成功しシングル三冠王を堅持!浅川紫悠が2AWのハッピーエンドを目指し挑戦表明!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 14日、千葉・TKPガーデンシティ千葉で『有限会社 山﨑工業プレゼンツ GRAND SLAM in TKPガーデンシティ千葉』が行われ、入江茂弘が2AW無差別級王座の初防衛に成功した。

 この日のメインイベントでは、入江茂弘の持つ2AW無差別級選手権に花見達也が挑戦。
 先月28日後楽園ホール大会で滝澤大志が5度目の王座防衛に失敗し、入江が新王者となると、すぐさま花見が挑戦表明。入江は花見に対して、お前じゃ無理だとマイクで言い放ったが、花見の熱い気持ちがタイトルマッチ決定へと繋がった。

 入江は2AWに新たに登場した悪のユニット『THE RULE』のメンバーにも加入しており、悪の新王者がどのような防衛ロードを見せていくのかにも注目が集まる試合となったが、試合は序盤から入江が圧倒。花見が入江に必死に喰らい付き確実に入江を追い込む爪痕を残したものの、最後は入江がビーストボンバーで試合を決めた。

 試合後には2AWの十枝会長がリングに上がり、「入江、防衛おめでとう。お前に1つだけ言っておく。今3つベルト持ってるな。OWE、GAORA TV、そして今日防衛した2AW無差別級だ。お前な、タイトルマッチしかうちで出ないけど、色んな団体に出てるな。そこで特にうちのベルト、価値下げんじゃねぇぞ。上げてこいよ!わかったな入江」と発破をかける。

 その後、THE RULEのスポークスマンを務めるナカ・シュウマがリングに上がり入江にヒーローインタビューを実施。入江が「十枝会長に言われた通り、このベルトの価値を落とさないように一所懸命頑張りますので、よろしくお願いします」と真摯な態度で答えている中、浅川紫悠が現れ「この茶番の時間いらんねん。おい、俺が何言いにきたかわかるやろ?このベルトは千葉のもんやぞ。お前にいつまでも持たせるわけにはいかんのや。年内で返してもらおか、年内で。年内最終興行、ここTKPガーデンシティ千葉でお前からベルトを獲って、2AWのハッピーエンド迎えようじゃないですか。それまでにようベルト磨いて待っとけよ。以上や」と挑戦表明。

 これを受けたナカは「千葉のベルト?チャンピオンはよ、世界の全てを獲りに来た男やぞ。やれるもんならやってみ。今日ベルトいっぱいあるね。ベルトが全部ここに揃ったんちゃんうんかおい。俺たちがこの団体、独占したっつーことやな。今日挑戦表明してきた滝澤、浅川。今日生贄になったやつらと同じように、野垂れていくだけや。なんでかわかるかおい。俺たちは『THE RULE』。俺たちがルールだからや」とユニットの強さを誇示した。

 その後、12月26日に行われる年内最終興行『GRAND SLAM in TKPガーデンシティ千葉』での2大タイトルマッチが正式決定。
 セミファイナルではTHE RULEの吉田綾斗&THE・アンドリュー"キング"拓真が2AWタッグ王座の奪取に成功しており、THE RULEがシングル&タッグのベルトを総なめにして2AWのトップ戦線に躍り出た。シングルとタッグ、年内でベルトは動くのか。2AWから目が離せない。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る