BreakingDownミドル級王者の井土徹也が無差別級王者の吉田綾斗から直接勝利し王座奪取へ驀進!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 19日、千葉・2AWスクエアにて『チーバトル159』が行われた。

 3月26日に開催される『GRAND SLAM in 後楽園ホール』では、吉田綾斗vs井土徹也の2AW無差別級選手権試合、花見達也&仁木琢郎vsCHANGO&本田アユムの2大王座戦が決定。
 今大会では、それぞれの前哨戦として吉田綾斗&ナカ・シュウマvs井土徹也&頓所隼、花見達也vs本田アユムの2試合が行われた。

 プロレス界の各団体を股にかけて破竹の勢いで侵攻しているGLEAT。
 その魔の手は2AWにも及び、GLEATのエース格かつ朝倉未来主催の格闘技大会『BreakingDown』でミドル級王座も戴冠している井土徹也が吉田綾斗の持つ2AW無差別級王座に「2AWのリングでGLEATするぜ!」と挑戦表明。この抗争は2人の間のものだけではなく、2AWvsGLEATという団体の威信をかけての対抗戦へと発展していった。

 最初で最後の前哨戦となる今回のタッグマッチは序盤から激しいものとなり、攻守が目まぐるしく変わる中で井土がスピンブレイクを決めて吉田から直接フォール勝ち。
 マイクを握った井土が「チャンピオンから直接3カウント取ったぞ!吉田選手、自分には持ってないものをたくさん持ってるし、めちゃくちゃリスペクトしてます」と語りかけると、吉田は「いづっちゃん、強くなったな。まあ昔から知らん仲じゃないからな。来週きっちり、今日のリベンジさせてもらうわ。今日は負けたから、全部来週の試合で返すよ。GLEAT、井土徹也。ノッてるだけのことはあるな。ここまでガッチリ負けたんは久しぶりです。この久しぶりの感覚、あの最強の挑戦者相手に存分に楽しんで、来週の後楽園はこの2AWの、吉田綾斗のプロレスを皆様にお届けします。皆様、楽しんでください」と正々堂々の闘いを誓った。

 そして、セミファイナルのタッグ王座前哨戦では、幾度となく激突してきた花見と本田のシングルマッチが実施。最後はCHANGOに介入され、不本意な形で花見は敗れた。紅炎とBUG's MUTATIONのユニット抗争ともなるタッグ選手権は、予測不能の挑戦者組をどう押さえ込むかがポイントなる。若き王者2人に向かってくる、突然変異達を退けることは出来るのか。

 3月26日に開催される『GRAND SLAM in 後楽園ホール』での2大タイトルマッチの行方に注目したい。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る