60歳&58歳のアラカンタッグが誕生!ゴージャス松野&吉田和彦がタッグ王座戴冠宣言!

  • 1
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 24日、東京都・東京ニューピアホールにてベストボディ・ジャパンプロレスリング『3周年記念大会 BEST BODY MANIA 2021』が開催され、ゴージャス松野(60)&吉田和彦(58)が“アラカンタッグ”で王座獲りを宣言した。

 ベストボディ・ジャパンプロレスリング(以下、BBJ)とは、『トレーニングの文化、身体づくりの文化をもっと日本中に広めたい』という思いから発足され47都道府県全てで開催するまでに成長した『ベストボディ・ジャパンコンテスト』を起点とし、元DDTプロレスの谷口智一ベストボディ・ジャパン協会代表が「プロレス界でも健康美や肉体美を活かして活躍する選手がベストボディ・ジャパンから出てきてもいいんじゃないか」という想いを持って2018年8月に旗揚げしたプロレス団体。

 吉田和彦は50歳のときにベストボディ・ジャパンコンテストのゴールドクラス(50歳~59歳)に初出場し、2013年、2015年、2017年には全日本大会で優勝を果たした。2018年からは同コンテストの審査委員となり、今年からは複数の大会で審査委員長を務めている。
 吉田は、同人誌専門印刷所として同人界で熱い支持を集める『コーシン出版』を手掛ける恒信印刷株式会社の代表取締役。コンテストに出場したゴージャス松野が自分より年上にも関わらずプロレスラーとして戦う姿に感銘を受け、昨年11月にBBJからプロレスデビューを果たした。

 憧れの松野とタッグを組むことになった吉田だが、審査委員長としてコンテストの審査項目にもある“知性と品格”をモットーにクリーンファイトを徹底する吉田に対し、松野は「クリーンとかなんとか言って負けたらしょうがないじゃないかよ」と勝負論にこだわり反則三昧の試合を展開。
 今年3月の試合で松野が吉田に反則攻撃でのアシストを求めるも、吉田が拒否したことで敗北を喫し、これが決定打となり2人はいがみ合う関係に。その後もタッグマッチ等で抗争は続いていき、この日はシングルマッチで因縁決着戦が行われた。

 クリーンファイトを徹底する吉田に対し、松野は場外での鉄柱攻撃やバンテージを剥がして首を絞めるなどの反則攻撃でやりたい放題。しかし、松野を正義の道に引き込みたい吉田はサイドポーズ式リバース・インディアン・デスロックや、松野の得意技であるフライングクロスチョップを叩き込むなど真っ向勝負。
 しかし松野は吉田の追撃をかわしてカミゴェを叩き込み、イスを持ち込んで吉田を滅多打ち。そしてレフェリーの目を盗んでローブローを叩き込んでからロープに足をかけながらのスクールボーイでガッチリ押さえ込み3カウントを奪った。

 試合後、マイクを取った松野は「みんな、生きていくの必死なんですよ、人生。プロレスも一緒なんですよ。分かりますか?人生もプロレスも負けちゃおしまいです。知性と品格、とても大事だと思いますけど、それだけでは人生もプロレスもやっていけません。愛する人を守るために頑張って私はプロレスをやってます。そのために多少道を外すことはあります。でも、今日はいい試合だったので、このまま吉田さんと喧嘩別れにはなりたくないし、今日の仕返しをコンテスト(の審査)でされるのもイヤなので、ここは1つ!仲直りしませんか?俺たちはアラカン。私は60歳で、吉田さんは58歳。ベストボディ・ジャパンコンテストの最年長グループでございます。タッグのベルトもありますし、一緒にベストボディの頂点を目指しませんか?吉田さんがもう、プロレスも人生も分かってくれたんで、反則は私はこれで終わりにします。これからはタイガーマスクのようにみんなに夢と希望を与えるプロレスを吉田さんと一緒にやっていきます」と吉田へ和解とタッグ結成を要求。
 吉田も笑顔でガッチリを握手を交わし、アラカンタッグでの頂点獲りに向けて始動した。

関連記事

サイト内検索

日別

2022年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る