アイスリボン15周年記念大会でタッグ&シングルの王座連戦が決定!久々結成のアジュレボが「コスチュームパツパツ」と不安視

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 24日、後楽園ホールにてアイスリボン『サマージャンボリボン2021』が開催。メインイベントでは、藤本つかさ&松本浩代vs世羅りさ&藤田あかねvs雪妃真矢&尾﨑妹加によるインターナショナルリボンタッグ王者決定3WAYマッチが行われた。

 アイスリボンのタッグ王座であるリボンタッグは、4月の後楽園ホール大会で王者である雪妃真矢&尾崎妹加を松本浩代&柊くるみが倒し第51代王者組へ。
 しかし6月にくるみが左ヒザ前十字靱帯断裂による再建手術のため長期欠場となり王座を返上。この日は空位となった王座をかけての戦いとなった。

 試合が始まると前王者組の雪妃&尾崎が好連携を見せていくが、藤田&世羅のお互いに無理させて立ち向かう連携で相手チームの体力を味方ごと削っていく。
 だがパワーとキャリアで勝る松本が次々と蹴散らしていき、現役シングル王者である藤本がビーナスシュート、インフィニティ、たいようちゃん☆ボムと畳み掛けて3カウントを奪った。

 試合後、フォールをとられた世羅がかつてアジュールレボリューションとしてタッグを組んでいた雪妃に再結成を要求。試合中も流れで当時の連携を出してしまっていた雪妃はこれを承諾し、タッグ王座への再挑戦を宣言する。
 王者組は8月9日(月・祝)に開催される横浜武道館大会での王座戦を決定するが、この日のメインイベントでは藤本つかさの持つICE×60王座へ松本浩代の挑戦が決定済み。
 だが藤本&松本両者の希望もあり、タッグ王座戦をセミファイナル、シングル王座戦をメインイベントと連戦での王座戦を行うこととなった。

 藤本は「私はデビューの頃から一日二試合三試合をやってきていて、タイトルマッチを昼夜で経験もしてきているので、同じ大会でタイトルマッチは前代未聞かもしれませんがそういう新しいことを私は第一号でやっていきたい気持ちが強いので、過去アイスリボンではなかった事だと思うのでワクワクが強いです」と笑顔を見せる。
 松本も「プロレスラーである限りプレッシャーがかかった試合の方がワクワクする選手が多いと思います。こんだけ大きな試合でタイトル戦って、ベルト落とすかもしれない、二冠になるかもしれない。爆女王も持ってるから三冠になるかもしれない。それだけ大きなプロレスの分かれ道に出会えるのはなかなかないので、私もワクワクが大きいですね」とやる気をみなぎらせた。

 バックステージに久々にアジュレボで現れた雪妃は「一つ問題がありまして、アジュレボのコスチュームを新しく作る時間は残念ながらないでございます」と切り出す。これを聞いた世羅は「一年以上放置してるからカビ生えてないかな・・・パッツパツのアジュレボ」と一抹の不安を残した。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別

ページ上部へ戻る