反選手会同盟が吸収合併され消滅!齋藤彰俊&井上雅央がモハメドヨネとともにファンキー化が決定!「俺はどんなカラーでも演じることができる」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 21日、東京都・後楽園ホールにてプロレスリングNOAH『NOAH THE INFINITY 2021』が行われ、反選手会同盟が吸収されファンキー化することが決まった。

 谷口周平は、紆余曲折の末にモハメドヨネと結託してファンキー化。ド派手なコスチューム&サングラス姿で登場するようになり、師匠である小橋建太を絶句させるほどの変身を遂げた。
 ヨネとの“ファンキーエクスプレス”でGHCタッグ王座奪取を宣言していたが、ここに“反選手会同盟”としてNOAHで暴れている齋藤彰俊&井上雅央が「谷口、お前はそれでいいのか」と噛み付き、両軍の抗争に発展。
 この日はその最終決着戦として敗者ユニット吸収マッチが実施。ヨネ&谷口が負ければ2人は昭和の男臭い姿とファイトスタイルに、彰俊&雅央が負ければ2人もファンキー化することとなった。

 彰俊とヨネが試合開始直後からエルボー、ショルダータックル、ラリアットで正面からバチバチと打ち合っていき、壮絶なにらみ合いを展開。続いて谷口と雅央の対面になると、谷口が雅央を圧倒し、救出に駆けつけた彰俊も合わせて2人をボディスラムでちぎっては投げの活躍を見せる。
 谷口は串刺しラリアットからバックドロップと続けるが、彰俊がニールキックで反撃して雅央に勝負を託す。雅央はマシンガンラリアットからミリオンダラー・バスター。さらに彰俊とダブルの串刺しラリアットから合体パワーボムと畳み掛け、得意の丸め込みを連発。
 谷口がこれをすべてキックアウトして仁王立ちすると雅央は命乞いを始めるが、谷口はそれを無視してラリアットで叩き伏せ、ファンキープレス(ポーズを決めてからのダイビングボディプレス)で3カウント。

 マイクを取ったヨネは、「約束は約束なんで、今日から……いや、今から!ファンキーエクスプレスとして一緒にやりましょう!」と呼びかけ、彰俊も「約束は守る!ファンキーになってやるよ!」と呼応。4人はしっかりと握手を交わした。

 試合後、ヨネは「今日は大変身して生まれ変わったタニーが自分の信念を守ったよね。吸収されなくてよかった。強い齋藤彰俊、“魔術師”井上雅央が同じチームになったってことは、2倍にも3倍にも戦力が大きくなった!」と笑顔を見せ、タニーこと谷口も「自分もヨネさんとファンキーにやっていくと決めたんで、これから簡単に負けるつもりはないんで!」と叫び、「レッツ・ファンキー!イエーイ!」の掛け声で締めた。

 一方、彰俊は「俺たちも、最後に挨拶くらいしないとな。約束は約束だから、男のけじめとして、ファンキーになろうと思います。やっぱり嘘はいけないんで。コロナ禍の中で反選手会同盟に入ってくれたファンの皆との約束を果たせなかった。でも、俺の中では継続して何かをやろうと思います。変化についていかないと世の中アレだからな。俺はどんなカラーでも演じることができる。でも俺は俺。アイデンティティを変わらず新しいファンキーなところでやっていくよ。反選手会同盟を応援してくれた皆さん、本当に今日はすみませんでした。深くお詫びします。でも突き進む俺たちを見てもらいたい」と大きな葛藤に揺れながらも運命を受け入れて先に進む決意を語った。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る