プロレス界の王様が王座を失い『心身共に疲労困憊、更に喉の痛みがある』と復帰時期未定の欠場へ

  • 1
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 31日、千葉・2AWスクエアにて「GRAND SLAM in 2AWスクエア」が開催。メインイベントではTHE・アンドリューキングダムのTHE・アンドリュー"キング"拓真&入江茂弘の持つ2AWタッグ王座へ真霜拳號&花見達也が挑戦した。

 THE・アンドリューキングダム(以下AK)は昨年9月に建国された王国であり、暴虐の限りを尽くして2AWを支配。王様であるTHE・アンドリュー"キング"拓真と入江茂弘が2AWタッグ王者として君臨し、様々な挑戦者を爆発力と卑劣な手段で粉砕してきた。花見達也&真霜拳號が2AWタッグ王座に挑戦者として名乗りをあげてからも試合後に襲撃し、挑戦者を満身創痍に追い込んできた。

 この日のタイトルマッチでも王者組がゴングの鳴る前に襲いかかり、場外ではレフェリーの目を盗み試合権利の無いAKの本田アユムとCHANGOが介入。総力戦で挑戦者組を叩き潰しにかかった。
 花見と真霜がなんとか流れを引き戻そうと闘うも、レフェリーへの誤爆から不在状態になった隙を突いてリング上は無法地帯に。
 しかし、ベルト奪取に向けて諦めない挑戦者組はセコンドの十嶋くにおと共に王国に反撃。一進一退の攻防を繰り広げ、最後は真霜との連携から花見がキングから『公認ハイフライバム』で3カウントを奪い取り、2AWタッグ王座を王国から取り返した。

 試合後に真霜は声高らかに「王国からベルトを奪い取ったぞ!今日はいつもの負け惜しみはねぇのか?花見が直接王様から取って、俺達が2AWタッグ王者だ!」と言い放ち、長かった王国との闘いに終止符を打った。
 そして花見が次期挑戦者チームにToll Glänzの吉野コータローとタンク永井を指名したその直後、リング上に二人が登場し「待たせたな」と2AWタッグ王座に挑戦を表明した。

 昨年の8月に同じく王者として君臨した花見、真霜を相手に挑戦表明をした吉野、タンク。しかし、吉野が新型コロナウイルス陽性となったことで欠場に入ってしまい、このタイトルマッチが実現する事はなかった。
 その時の無念を晴らすかのような熱い想いに王者組も応え、2/14に千葉・TKPガーデンシティ千葉で行われる「GRAND SLAM in TKPガーデンシティ千葉」にて王者・花見&真霜vs挑戦者・吉野&タンクの2AWタッグ王座戦が決定した。

 なお、王座を失った王様こと拓真は『心身共に疲労困憊、更に喉の痛みがある為大事をとってしばらくの間欠場』と2AWから報告があり、復帰時期は未定とのことだ。

『GRAND SLAM in 2AWスクエア』
日程:2021年1月31日(日)
開始:14:00
会場:千葉県・2AWスクエア
観衆:96人(満員)

▼タッグマッチ 20分1本勝負
[THE・アンドリューキングダム]CHANGO(フリー)/○本田アユム
11分46秒 腕固め
十嶋くにお/●仁木琢郎

▼3WAYマッチ 20分1本勝負
[ねばーらんど☆NEO]○最上九
5分51秒 公認?柏クラッチ
●リッキー・フジ
※もう1人はチチャリート・翔暉

▼シングルマッチ 20分1本勝負
○浅川紫悠
11分3秒 リベリオン→片エビ固め
[ねばーらんど☆NEO]●梶トマト

▼若松大樹 試練の7番勝負 第1戦 シングルマッチ 30分1本勝負
○政宗(フリー)
11分40秒 変形マフラーホールド
●若松大樹

▼タッグマッチ 30分1本勝負
○タンク永井/吉野コータロー/ナカ・シュウマ
16分48秒 ダイビングセントーン→体固め
テイラー・アダムス/●滝澤大志/大和ヒロシ(フリー)

▼ReOStaff 株式会社 プレゼンツ 2AWタッグ選手権試合 60分1本勝負
【王者組/THE・アンドリューキングダム】●THE・アンドリュー"キング"拓真/入江茂弘(フリー)
19分27秒 公認ハイフライバム→片エビ固め
【挑戦者組】真霜拳號/○花見達也
※第5代王者組が2度目の防衛に失敗。真霜拳號&花見達也が第6代王者組へ

関連記事

サイト内検索

日別

2021年4月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る