ビー・プレストリーが時間切れ引き分けの死闘を演じた舞華に「チョット・ストロング!ノー・ショッパイ!」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 6日、富山県・ボルファートとやまにて『~プロレスBARナダレシキ PRESENTS~ スターダム富山大会』が開催され、ビー・プレストリーvs舞華のシングルマッチが行われた。

 大江戸隊は、花月、葉月らの立て続けの引退により、今年から刀羅ナツコをリーダーとした“新生・大江戸隊”として再出発。そして、かつては赤いベルト(ワールド・オブ・スターダム王座)も保持していたビーはその主力として大暴れ。先月14日には大江戸隊の面々と悲願のアーティスト・オブ・スターダム王座(6人タッグ王座)も戴冠した。

 新日本プロレスのウィル・オスプレイとの交際が知られ、“THE EMPIRE”のメンバーとして新日本マットに登場していることから知名度が高まったビーだが、スターダムでは最近 “渡辺桃いじり”で人気を博しており、試合後のマイクで対戦相手らを「ショッパイ!」と罵倒したあとに「デモ、ワタナベモモ、イチバンショッパ~イ!」と全く無関係な状況でも渡辺桃を罵倒して締めるのがお約束となりつつある。

 この日のビーは、フューチャー・オブ・スターダム王座(若手王座)を持つ“Donna Del Mondo”の舞華とシングルマッチで対戦。
 柔道をバックボーンに持つ無骨な舞華は堅実なグラウンド技術で腕攻めを軸に試合を組み立てていくが、ビーは場外での鉄柱攻撃などラフファイトで対応し「ヘ~イ!ショッパイネ~!」と罵倒しながら舞華の背骨に狙いを定め、その挑発的な口調とは裏腹に的確な一点集中攻撃を展開。
 舞華も背中の痛みに耐えながらも雪崩式ブレーンバスターや山茶花(クロスアームSTO)などを決め、雄叫びを上げながら気迫あふれる腕十字。これに余裕を失ったビーは得意のVトリガーやレッグロック・スープレックス・ホールドなど大技を畳み掛け、チーキー・ナンドス・キックからのクイーンズ・ランディングを狙うが、担ぎ上げたところで15分フルタイムドローのゴングが鳴り響いた。

 マイクを取ったビーは「マイカ、チョット、チョット、ナイス!チョット、チョットチョットチョット、ストロング!ノー・ショッパーイ!デモ、ワタナベモモ、イチバンショッパイネー!アリガトー!」と舞華を高く評価し、楽しそうに笑いながら去っていった。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月別

ページ上部へ戻る