高橋ヒロムが”お母さん”BUSHIを撃破し「あなたがパートナーでほんとによかった」!次戦の“技の高島屋”DOUKIが「俺の中ではこれがメインイベントだ。ずっと待ってたよ」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 20日、後楽園ホールにて新日本プロレス『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』が開催。メインイベントでは高橋ヒロムvsBUSHIのL.I.J同門対決が行われた。

 例年通り高橋ヒロムはBOSJ攻略本を作成しており、BUSHIに関しては"お母さん”と記載。これに関してヒロムは「ママ。この一言が全てじゃないかな。なんでも知ってるよ。俺のこと、お見通しだよ」とのこと。

 試合が始まると、お互いがお互い動きを熟知しておりスカし合う展開に。ならばとBUSHIは流れるような動きではなく、一つ一つ的確に技を極めてじっくりとヒロムを追い込んでいく。だがヒロムはBUSHIをキャッチしてカウンターのシットダウンパワーボムで叩きつけると、その後もエムエックスにコードブレイカーをあわせ、BUSHIの連続攻撃を受けきりビクトリー・ロイヤルで返すなど動きにアジャストしていく。ブシロールであわやの場面もあったが、最後はヒロムがデスバレーボムからTIME BOMBで叩きつけ3カウント。

勝利したヒロムは「BUSHIさん、あなたが同じチームで、あなたがパートナーでほんとによかったです。心から感謝します。今日、対戦が組まれて、俺が勝ったから言うんじゃないです。前から、言おうと思ってた事が今日言えてよかったです」と、近い距離にいるからこそ普段言えない感謝を伝える。

 そして「みんなにも、まだ言ってないことがあったよな。みんなに、見てるみんなにもまだ言ってないことがったよな?ベスト・オブ・ザ・スーパジュニア、27、優勝するのはこの俺、高橋ヒロムだ~!あなたが、あなたが、あなたが、あなたが、あなたが、この予言の、目撃者だ。残りのスーパジュニア7試合、残りの!スーパージュニア7試合!もっと、もっともっともっともっともっともっともっと~!みんなで~!楽しもうぜ~!」と、決勝戦を含む7試合で戦い勝利することを宣言した。

 ヒロムの攻略本によると、次戦は23日Gメッセ群馬大会にて"技の高島屋”DOUKI。DOUKIは「高橋ヒロム、俺の中ではこれがメインイベントだ。何年この時を待ったか。おまえにはわかんねーだろうな。おまえがメキシコに来てから今日まで、ずっと待ってたよ。高橋ヒロム、おまえが少しでも俺との対戦、楽しみにしてくれるなら……」と含みをもたせて去っていった。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×