11・8「TV SHOW!」でUNIVERSAL王座を懸けて激突する上野勇希とMAOが火花散らす!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 8日の「DDT TV SHOW!」で、DDT UNIVERSAL王座を懸けて闘う上野勇希とMAOが独特の言い回しで火花を散らした。

 11・3大田区でクリス・ブルックスを下して、同王座を奪取した上野は4日の会見で、「昨日このベルトを奪取できた。前王者のクリスは世界で闘ってきた選手。そのクリスから獲れたのは光栄。気が引き締まる前王者だったと思う。『ディザスター・ボックス(DB)』から離れるタイミングで獲れたベルト。DB離れたところで闘っていかなきゃいけない。世界に発信していかないといけないベルト。初めてシングルの王座に戴冠して、モチベーションは上がってる。タイトル戦が決まってるので、コンディションを上げていきたい」とコメント。

 その後の調印式を終えた挑戦者のMAOは宮城弁で「オラ、ちょっとヒザ悪くして、4カ月半ぐれぇ休んでたんだけども、昨日、復帰戦やって、まあまあ調子よかったんで、ベルトさ挑戦してみてえなって思って。チャンピオンで防衛した遠藤さんが、(宮城県)白石市の観光大使になったみてえな話あって、ベルト獲ったら観光大使になれんでねえかなと思って。オラもちょっと古川(大崎市)の役場さ、このベルト持って、伊藤(康志)市長を表敬訪問して、オラも観光大使になろうかなというもくろみがあるんだけども。実現してえから、ベルトを獲んねえとわかんねえです」と話した。

 これに対抗して、上野は英語で「I’ll do my best.I am champion.」と発言し、「MAOさんが宮城弁で宮城に発信していこうという姿勢を見て、せっかくなら僕は世界に発信しこうかなと思った」と説明。

 両者は共に、かつて若手主体のブランドとして存在していたDNAでファイトしていたが、MAOは「オラたちの世代がDDTの中心になりつつあるっつうことで。そういうのしねえと団体っつうのはダメだから。オラたちがDDT見せていかねえと」と、上野は「DNAでやってたMAOさんというより、僕はあの頃、まだデビューして、1年、2年経たないくらいでDNAは休止になってしまったので。DNAの若手同士でしのぎ合ってたというよりは、DNAのトップで闘っていたMAOさんがチャレンジャーとして来てくれて。DNA世代という感覚もあるんですけど、MAOさんをチャレンジャーとして迎えるうれしさがある」と語り、同世代でのタイトル戦を意識していた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月別

ページ上部へ戻る